【やってみよう】余った千歳アメは電子レンジで温めて使うべし! 美味しさも使い勝手も無限に広がるよ★

写真拡大


子どもの成長を祝い、これからの健康とさらなる成長を祈る「七五三」。日本の伝統行事です。

そして七五三といえば「千歳アメ」。ながーい棒状のアメをひたすら舐めていた事を思い出します。しかし、千歳アメってなかなか食べきれない。だからと言って、手にした縁起物を捨ててしまうのはもったいない!

ということで今回、余った千歳アメを最後までおいしく食べる方法をお伝えします!

【千歳アメをちょうどいいサイズにする方法】

千歳アメは、包丁やキッチンハサミで切るのがすごく難しいもの。しかし、温めさえすればとっても簡単に分けられるようになるのです。

必要なもの
・余った千歳アメ
・キッチンペーパー
・スプーン

その1
耐熱皿にクッキングシートを敷き、千歳アメを載せます。(ラップはしないでね)
その2
電子レンジで30秒ほど温める。
その3
とろっと溶けたら、スプーンでひとくちサイズに分けていきます。
その4
5分ほど冷まして固まったら、キッチンペーパーで包む 

その5
瓶やタッパーに入れて完成! 

【千歳アメはベタベタしない】

アメって温めるとベタベタするイメージがありますが、千歳アメはほとんどベタベタしません。その秘密は千歳アメの周りについている粉にあり。この粉のおかげで、スプーンでほぐしても、手で触ってもアメがくっつくことはありません。
ちなみに温めたばかりの千歳アメはそのまま食べると、モッチモチで柔らかくてとっても美味しい! 千歳アメのミルキーな味がより一層、美味しく感じました。

【まるで高級砂糖】

千歳アメをひとくちサイズにしてしまえば、使い勝手がグーンとアップ! そこで料理好きの編集部員&ライターさんたちに『千歳アメを使う美味しいアイデア』を聞いてみたところ、こんな回答が。

・溶かしてキャラメルにする
・紅茶やコーヒーをかき混ぜるときに使う(シナモンティーのシナモンスティックの要領)
・溶かしてアメ状にして大学芋にからめる、トーストに塗る
・牛乳に入れて溶かしてミルクプリンにするか、ホットケーキをつくる

さっそく、私はコーヒーに入れて飲んみる事に。すると…まろやかな甘みでとっても美味しい! いつも使っているお砂糖と圧倒的に違いました。なんだか高級なお砂糖でコーヒーを飲んでいるような キ・ブ・ン ♪

以上、千歳アメ活用術でした。みなさんもぜひお試しくださいね!

撮影・執筆=百村モモ (c) Pouch

画像をもっと見る