パリの連続銃撃事件 劇場で観客パニック、オランド大統領「前例ない攻撃」

ざっくり言うと

  • 仏パリ中心部で日本時間14日、銃撃事件が相次いで発生し、153人が死亡した
  • 当時劇場にいた観客はパニックになり、床には死体が散乱していたという
  • オランド大統領は「前例のない攻撃」と述べ、非常事態を宣言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング