マテンロウ・アントニーが有吉弘行に差別されていると不満をあらわ

写真拡大

21日放送の「有吉弘行のドッ喜利王」(TBS系)で、お笑いコンビ・マテンロウのアントニーが司会の有吉弘行に差別を訴えた。

この番組は大喜利とドッキリを掛け合わせたもので、出演した芸人らはまずニセの大喜利番組に呼びだされ、大喜利に回答する。後日、それぞれの出演者が出した大喜利の回答が現実化し、自身にドッキリとして振りかかる。芸人たちは大喜利の面白さとドッキリのリアクション、ふたつの点数の合計で競う。

アフリカ系アメリカ人と日本人のハーフであるアントニーは、大喜利パートでの「このタクシー完全に俺をナメてるな…」のお題に「途中でもうひとり黒人を乗せた」と答え、ドッキリパートでも見事なリアクションを見せて高い成績を収めた。

しかしそれ以降、アントニーによる大喜利の回答は有吉らに響かず、低い得点が続いた。これにアントニーは「絶対おかしい」「これ言ったら問題になるけど…」と理由を伏せつつ、不信感を訴えたのだ。

まさかの訴えに、見に覚えのない有吉は「差別じゃないって!!」「違うって!」と爆笑。その後も低評価のアントニーは有吉に「ちょっと残念すよ…」「そういう人なんだ」「(回答が面白くない)それ以上に何かのっかってる」と不満を述べ、笑いを誘っていた。

アントニーは最終的に同率1位でならび、出川哲朗の選出によって「初代ドッ喜利王」に輝いた。この結果にアントニーはガッツポーズで喜びを表現しながらも、「有吉さんにジャッジする権限があったら僕じゃなかったと思う。有吉さんは僕のことを良くない目で見てる」と再度意味深な発言をした。このコメントに他の芸人たちは大ウケし、番組は終了した。

同日深夜、同番組の演出・プロデューサーを務めた藤井健太郎氏が、自身のツイッターに投稿した内容によると、放送ではカットしたようだが、出川が「有吉の黒人差別が…」と、思わず口走るくだりもあったそうだ。
【関連記事】
有吉弘行 自分勝手な行動をしてオール巨人に叱られた過去
有吉弘行 一般人の撮影マナーに苦言…Twitterに「キモイ」と投稿されることも
有吉弘行 引退した亀田興毅にだんご屋経営を推奨「亀田3兄弟ならぬ、だんご3兄弟」