「30歳までに子どもが欲しかった」という夢が叶った

写真拡大

 結婚から約2年半にして妊娠を発表した女優の上戸彩(29)。現在、ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)で木村拓哉(42)と夫婦を演じているが、事前に妊娠の事実を知らされていたスタッフはごく僅かだった。現場の男性スタッフの話。
 
「今考えると3月くらいからスニーカー姿が増えていました。赤ちゃんに気を配っていたんでしょうね」
 
 予定日は11月。撮影現場では出演者もスタッフも身重の上戸に気を遣っている。
 
「木村拓哉さんから『上戸さんがめくれたカーペットに足をとられないようにテープでとめてください』と指示が出たこともありました」(同前)
 
 そんな気遣いに応えるように、上戸はいつにも増して現場でのコミュニケーションを密にしている。ドラマ関係者が語る。
 
「疲れているスタッフを見て、『私マッサージが得意なんですよ』と優しい言葉をかけていました」
 
 もちろん、女優に肩を揉んでもらうなんて……とこのスタッフは彼女の厚意を辞退したという。
 
「彼女はそもそも推定Eカップ。それが妊娠で目に見えてボリュームアップしています。そんな彼女に肩を揉まれたら、胸が背中に触れちゃうかもしれない(笑い)」(同前)
 
 実は上戸は2008年に「チャイルドケアライセンス」という資格を取得している。母子の健康管理を目的として食事や肌のケア、アロマテラピーなど学ぶもので、そのカリキュラムの中に子供向けのマッサージが含まれている。
 
 かねて子供好きを公言していた上戸。スタッフに振りまきたくなるほどに、幸せいっぱいで胸が膨らむ日々のようだ。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号