【専門家の目|玉田圭司】ボールを保持しながら、攻めあぐねた日本の戦いに見解森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でコスタリカ代表と対戦し、0-1で敗れた。ボールを保持し攻め込みながらも、相手の守備をこじ開けられずに完封負け。かつて、名古屋グランパスや柏レイソルで活躍し、W杯2大会連続出場経験を持つ元日本代表FW玉田圭司氏は、日本の戦いぶりについて「作戦ミスだった