【AFP=時事】バドミントンのマレーシア・オープン(Petronas Malaysia Open 2022)は1日、男子シングルス準々決勝が行われ、大会第2シードの桃田賢斗(Kento Momota)はシェサ・ヒレン・ルスタビト(Shesar Hiren Rhustavito、インドネシア)の途中棄権により、4強入りを決めた。スタートダッシュを決めて桃田が第1ゲームで13-6とリードを奪うと、右足首に鋭い痛みを感じたというルスタビトはコートに倒れ込み、棄権を申し出た