2019年にソウル市内の瑞草洞、汝矣島でチョ・グク元法務部長官を擁護する集会を開いた「犬のけんか(ケサウム)国民運動本部」の後援者が同本部の代表を詐欺、公金横領などの疑いで検察に告発した。後援者らは「本部側が20億ウォン(約1億8900万円)に達する後援金を私的に流用し、詳細な使用内訳を隠している」と主張した。同本部の後援者100人余りを中心とする市民団体「透明社会のための市民会」は1月27日、同本部のイ・ジ