「1月11日までは休みとすることも含めて配慮を求めたい」──新型コロナの感染拡大防止のため“最大17連休”を呼びかけた西村康稔・経済再生担当相の発言は、自民党内の解散戦略にも影響を及ぼすことから内外に波紋を呼び、慌てて「休暇の分散が主眼」と火消しに回ることになった。しかし、彼の番記者は、「大臣に言う資格があるのか」と首を傾げる。「西村大臣は休日出勤が多いことで有名。土日も大臣室に籠もりがちで、秘書官