生後15日のジャイアントパンダ/Credit:Zoo Atlanda/YouTube pointジャイアントパンダの赤ちゃんは、妊娠期間の約7割で、常に未熟児として生まれていることが判明新生児と大人のサイズ比は、1:900を越えており、胎盤性の哺乳類の中では最も格差が大きい大人のジャイアントパンダは体長190cm、体重120kgにもなりますが、出生時は90〜130グラムと極端に小さな体で生まれます。ほとんどの哺乳類において、新生児と大人のサイズ比は1: