九州旅客鉄道(以下JR九州)とA.L.I.Technologiesは、両者の共同により、無人航空機(ドローン)やAIを用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発した。JR九州とA.L.I.は、将来的な労働力不足やインフラの老朽化、自然災害の対応といった社会的な課題の解決に向け、2017年より、ドローンやAIなどを活用し、より安全かつ効率的な鉄道施設の点検を可能とするソリューションの開発や実験に取り組んできた。今回のソリューションは、A.