13年ぶりに「新しい地図記号」が誕生し話題となっている。国土地理院は19日から、ウェブ地図「地理院地図」に「自然災害伝承碑」の掲載を開始。自然災害伝承碑とは、過去に起きた「震災」「津波」「洪水」「土砂災害」など、自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントのことだ。きっかけとなったのは、去年7月の西日本豪雨。甚大な被害を受けた広島県坂町には111年前に起きた「大水害の石碑」があったが、地域住民にはあまり