カブスの上原浩治投手が2日(日本時間3日)のレッズ戦で8回途中から救援し、0回1/3で2安打を浴びて降板した。カブスは6-2で勝利して連敗を2で止めた。6点リードで迎えた8回からマウンドに上がった2番手グリムが1死一、二塁のピンチを招き降板。ここでマウンドを託された上原は代打キブルハンをキャッチャーフライに仕留めたものの、コザートに左前安打を浴びて2死満塁に。さらにボットにライトへ2点タイムリーを許したところで