敗戦国である日本はなぜ「世界の強国」になれたのだろう? =中国メディア

中国には「馬馬虎虎」、「差不多」という言葉があり、この言葉を口癖のように使う人が多い。「馬馬虎虎」も「差不多」も日本語で言えば「まあまあ」、「だいたい」という意味で使われるが、この表現を好む人が多いという点に中国人の国民性や考え方が現れていると言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

ランキング