美人はみんな努力している! キレイな人が実践している見えない努力とは?

写真拡大

キレイな女優さんやスタイル抜群のモデルさんなどが、「美の秘訣!? いや〜私なにもやってないんですよ〜」なんて答えているインタビューを見聞きして、はぁ!? そんなわけないでしょ! と思うこと、よくありますよね。同性なら分かりますが、本当に何もしないで美を維持し続けるなんて、到底無理な話。キレイな人はやはりみんな、人知れず努力を重ねています。そんなキレイな女性達が行っている努力について、聞いてみました。

体重計には乗りません!

「家に体重計はあるけど、ほとんど乗りません。私は普段よく履くデニムの履き心地で、自分の体の変化を察知しています。デニムが若干まとわりつく感じがしたら1キロ増えたかな、とか、ほんの少しゆとりを感じたら2キロ痩せたかも、など、かなり正確に把握できますよ。毎日体重計に乗って200グラム増えたとか減ったとかを気にするより、精神的にも良い気がします。」

▽ 芸能人でも、体重計には乗らず、鏡で自分の体をチェックする方は多いのだとか。ちょっとした変化に気づけるというのは、それだけ自分の体を知っているということにも繋がります。

ニキビの初期の初期がわかります

「なんかちょっと肌が変だなとか、かすかに痛痒い気がするという、ちょっとした肌の変化を絶対に見逃しません。そういうのをほったらかしにしていると、その後案の定ニキビができたりするので、肌に異変を感じたら、使う化粧品を変えたり、先回りしてニキビ薬を塗ったりして、初期の初期段階で食い止めています。」

▽ これも上記と同じで、普段の肌状態をしっかり把握しているからこそ、異変に気付けるというわけです。いかに自分のことを熟知しているかは、自分をキレイに見せる大切な要素といえそうです。

自分流にアレンジする

スキンケアやコスメは、説明どおりに使うのではなく、自分に合うように色々試して使います。例えば徹底的に美白をしたい時は、効能の違うコスメを重ね使いしてより一層効果が出る組み合わせを自己流に開発したり、私の顔にはグロスを先に塗ってから口紅を塗るほうが自然さが出るなど、自分に合った方法を編み出すようにしています。」

▽ 大切なのは、「自分を分かっている」うえで「自己流」を行うということ。やみくもな自己流は失敗を招くことも多々あります。

今回ご紹介した3つのエピソードに共通するのは、「自分を知る」という点。無意味な努力や方向違いの努力にならないためにも、まずはしっかり「自分を知る」ことが大切なのではないでしょうか。