今夜、噂のロボットがそのベールを脱ぐ!

タレント、他スポーツ選手、子供とこれまでにも様々な人間がプロレスのリングに登場し、話題となったが、今宵、ZERO1-MAX後楽園大会では遂にロボットが参戦を果たす。

6月20日(水)、後楽園ホールで開催される、プロレスリングゼロワンマックス「DYNAMO」。第2試合では、特別試合として、浪口修 vs Shock Wave the Robotの一戦が組まれた。

世界初のロボットレスラーが日本初上陸。身長はロボットのため、季節によって変化、体重は2500energon cubesと解析不明ではあるが、LA-DOJOで修行を積むなど、現在まで9年間稼動中。意外にも、なかなかの実力者(実力ロボ)とのうわさ。得意技はロボットキック、SWクラッチとなっており、一体どんな動きをするのか注目が集まりそうだ。

今夜のZERO1-MAXは、19:00試合開始(18:00開場)となり、当日券は午後16時より後楽園ホール1階、当日券売り場にて販売される。


■Shock Wave The ROBOT(LA-Dojo)プロフィール

出身:Cybertron/USA
身長:夏季 175cm/冬季 170cm
※金属の収縮により若干変化
体重:2500 energon cubes
寿命:不詳(現在まで9年間稼動中)

得意技:ロボットキック、SWクラッチなど
戦歴:IWAプエルトリコ、ROH、NYWC
寸評:トム・プリチャード&スパイク・ダットリーキャンプなどで練習を積み重ね1998年12月に「Shock Wave」の名でデビュー。その後アメリカ東部、中西部のリングで活躍。日本のリングに上がりたいと今年初旬よりLA−Dojoに住み込み練習を重ねる。今年5月田中将斗がLA-Dojoで試合をした際、LA-Dojo代表選手として田中将斗と対戦した。


■Shock Wave The ROBOTのコメント

「ZERO1-MAXノセンシュ、ニホンノファンShockWaveガニホンニイクヨ。イマカラタノシミデマイニチレンシュウシテルヨ。キカイノセイビモカンペキヨ。ニホンノレスリングハサイモン(LA-Dojo)カラキイテイルカラOK。ニホンノナツハサビヤスイカラソレダケキヲツケルヨ。20th Juneニアイシマショウ」