整形に総額1000万円を費やした10代女性から圧倒的な支持を得ているインフルエンサーが、整形前の顔を公開。これを受け稲垣吾郎が、本音をポロリと溢す一幕があった。

【映像】総額1000万円!地雷チャンの整形内容詳細

 ABEMAにて2月18日(日)に放送された『ななにー 地下ABEMA』#13では、「人気インフルエンサーたちの整形ビフォーアフター大公開!」と題した企画が展開。稲垣、草なぎ剛香取慎吾をはじめとしたななにーメンバーが、整形手術を経験した人気インフルエンサーたちの様々なエピソードを深掘りした。

 オタク系インフルエンサーの地雷チャンは、現在YouTubeを中心に10代女性からの圧倒的な支持を得ている。そんな地雷チャンは幼少期に芸能界に興味を持ち、アイドルを目指していたそうだが、可愛い妹と比べられ、自分の容姿に自信が持てず、小学5年生の時に親に直訴し、初めて二重整形を行ったそうだ。

 地雷チャンは「一緒に歩いてると、妹ばかり誉められる。私にはノーコメント。小さい頃から“自分って可愛くないんだ”って自覚していた。ハロプロに憧れていたけど、この顔じゃ無理だなと。でも芸能界に興味あったので、親に『一旦、二重にさせてくれないか』と相談した」と当時を振り返った。

 小5での整形に母親は賛成してくれたという。さらに母親は、貯金から費用を捻出してくれたそうだ。その後、高校時代に鼻や輪郭も整形し、自分に自信を持てるようになった。整形費用は総額で1000万円かかっているとのこと。そんな地雷チャンのビフォーアフターを見比べて、スタジオからは「目がパッチリ…」「バブみ…」など変化に驚きの声が上がっていた。

 そんな中で、稲垣が「キャラクターと合っているよね。元々すごく明るい雰囲気だから、ビフォーもね」と地雷チャンの変化はごく自然な形であることを指摘すると、地雷チャンは「本当ですか」と嬉しそうにしていた。

ABEMA「ななにー 地下ABEMA」より)