ガーシーこと東谷義和被告

写真拡大

報酬総額1億1667万円

 目下、ガーシーこと東谷義和被告(52)は暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)と名誉毀損や強要、威力業務妨害など五つの罪に問われている。2023年12月21日の公判で、知人の勧めを断り切れずに暴露系ユーチューバーになったと主張したが、結局、他人を貶めることでいくら儲けたのか。

 ***

 このほど、東谷被告を摘発した警視庁捜査2課作成の捜査資料を入手した。それは、楽天銀行に開設された「ONE」なる合同会社の口座の取引明細。期間は2022年4月から8月にかけて。要は、東谷被告の「出納簿」である。

『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』がスタートしたのは22年2月14日。開始2カ月足らずでチャンネル登録者数は100万人を突破、収益化にも漕ぎつけた。出納簿によると、ユーチューブを運営する「グーグル」から最初の収益13円が振り込まれたのは22年4月8日。その10日後には80万5000円へと急増している。

ガーシーこと東谷義和被告

 飛ぶ鳥を落とす勢いだったガーシーchだが、半年も持たずに7月12日、アカウントがBAN(凍結)される憂き目に。結果として、芸能人らのスキャンダルを暴露することで得た報酬は総額1億1667万円。ほかに、ガーシーchの「切り抜き動画」を手掛ける33人から徴収した収益の半分、1919万円もONEの口座に入金された。

謎の1億205万円

 一方、東谷被告はこの時期になぜか、動画配信とは関係のない大金を手にしている。その額はガーシーchの収益に匹敵する1億205万円。それを振り込んできたのは、「エクシア合同会社」だった。

 エクシアと言えば、1万2000人から723億円を騙し取った、知る人ぞ知る投資会社である。東京・六本木に月額賃料5000万円の豪華オフィスを構え、「かけるん」と称する菊地翔(かける)CEOは一晩に数千万円を費やすほどのキャバクラ狂い。だが、所詮は投資実態のない「ポンジスキーム」ゆえ、破綻は時間の問題だった。相次いで、損害賠償請求訴訟などを起こされている有り様だ。

 エクシア関係者によれば、

「ガーシーがユーチューブで“これからエクシアを追及する”と宣言したことがありました。それに対し、幹部の一人が菊地さんに“どうしますか?”と訊ねた。すると、菊地さんは“大丈夫。口止め料を支払ったから”と打ち明けたのです」

「週刊新潮」2024年1月4・11日号「MONEY」欄の有料版では、「出納簿」の明細や動画編集者の供述内容、謎のエクシアからの振り込みなどについて詳報する。なお、東谷被告には代理人弁護士を通じて取材を申し込んだものの、回答は得られなかった。

「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載