不倫したら男女とも「死刑」――。粋な町人文化の象徴と思われがちな「色ごと」だが、不義密通はもちろん、婚前交渉ですら奉行所で一旦裁きにかかると死刑や追放といった厳しい刑罰が待っていた。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 江戸時代の名奉行らによって残された大量の裁判記録の中から、男女間の性的な事件・犯罪に対する裁きと仕置をまとめた一冊が、作家の丹野顯氏の『江戸の色ごと仕置帳』(集英社新書)だ。具体的な事例を紹介した本書の一部を抜粋して転載する。

◆◆◆

「密通=不倫」は男女とも死刑だった

「密通」は今風にいえば「不倫」である。江戸時代の密通は意味が広くて、結婚していない相手と性的関係を結べば、すべて密通であった。結婚を望んでいる若い男女が親に隠れて愛し合うのも密通である。

 現在、不倫は離婚の理由にはなるが、刑法で処罰されることはない。ところが江戸時代には、すべての密通ではないが、多くの密通は死刑か追放刑になった。磔(はりつけ)や獄門も珍しくない。しかも幕府による公の死刑だけでなく、次のような私的な処刑も認められている。


(写真はイメージ)©iStock.com

 江戸近郊の堀之内(杉並区堀ノ内)に、キセルの羅宇(雁首と吸い口をつなぐ竹の管)に漆絵を描く職人がいて、その女房が前から密通していた。職人は現場に踏み込むと、男ともども妻を殺害した。その殺し方が凄惨だった。

「両人とも捕らえ、近所の寺内へ連れ行き、間男(まおとこ)をば羅切(らせつ)いたし(陰茎を切り落とし)、女は陰門をくりぬき候よし、然(しか)る所、検使の参り候迄そのまま差し置き候所、いたち、右女のえぐり口へ夥(おびただ)しく付き候よし」(『藤岡屋日記』)

 1820年(文政3)5月のことである。この現場のありさまは尾鰭がついて、たちまち江戸中に広まった。当時、密通は身近に起きているありふれたことだった。現代の不倫と変わらない。妻の密通を夫が知っても、多くは当事者間で内済(示談)になり、こうした私的な処刑に至るのは稀であった。

夫が妻と密通の相手の2人を殺しても「無罪」

 キセル絵職人がこのあと、どのような裁きを受けたかは書かれていないが、『御定書百箇条』に従えば、無罪になったはずである。『御定書』には26カ条にわたって「密通御仕置之事」という密通条項がある。右のケースに関係のある条文は、次の4カ条である。

従前々の例
一、密通いたし候妻 死罪


一、密通の男 死罪

追加
寛保三年極(きめ)
一、 密通の男女共に夫殺し候はば、紛(まぎ)れ無きにおいては、構(かまい)無し

追加

一、密夫を殺し、妻存命に候はば、その妻 死罪
但し、もし密夫逃げ去り候はば、妻は夫の心しだいに申し付くべし

当事者が示談で解決することも

 密通すれば男も女も「死罪」であるから厳しい。「従前々の例」とあるのは、『御定書』が制定される前からの判例ということである。さらに密通が「紛れ無き」(明白な)場合には、夫が妻と密通の相手の2人を殺しても「構無し」(無罪)とある。キセル絵職人はこの3カ条目によって無罪だったはずである。ただし、殺生禁断である寺の境内に連行して殺した点、また2人がいくら憎いとはいえ局部を切り取るという残酷な殺し方をした点については、町奉行から何らかの咎めがあったかもしれない。

 この冒頭の3カ条から、密通した男女は公刑によっても、私刑によっても、死をもって償わされたことがわかる。ただし、幕府は密通の当事者が示談で解決することも認めていた。現実に密通した妻と密夫を2人そろって殺すこと、いわゆる「重ねておいて四つにする」のは、刀を振りまわすことのない庶民には容易なことではない。

 多くの密通事件は示談で解決された。これについては後述する。示談ではすまなかった、さまざまなケースが裁判記録に残されている。

実際に、妻と男を斬り殺した夫のケース

 この「密通した男女を殺しても無罪」という条文には「追加 寛保三年極」とある。『御定書百箇条』は前年の1742年(寛保2)3月27日に一応完成したが、この条文はその後に新事件が起きて、寛保3年に追加された条文という意味である。その事件は、1742年4月に下野(栃木県)上南摩村で起きた。

 百姓喜右衛門が夜ふけに家に帰った。女房と子供は寝ており、真っ暗な中を手探りで進むと、男物の帯が手にふれた。目が慣れてよく見ると、悴(せがれ)を端に寝かせて、女房せきが同村の五右衛門と頭を並べて寝ていた。喜右衛門は2人が密通していたに相違ないと思い、2人そろって切り殺した。取り調べの結果、密通していたのは間違いなかった。喜右衛門は当然ながら無罪となった(『徳川禁令考』後集)。

 戦国時代の分国法、たとえば陸奥の伊達氏の『塵芥集(じんかいしゅう)』では、密通の現場を押さえた場合、その場で2人とも殺すことは許されていた。妻は殺さないで、男だけ殺すというのは認められない。これは刀をつねに携行している武士に対する定めであったが、時をへて町人や農民にも適用されて、『御定書』ができた翌年に追加条項として定められたのである。

 なお、喜右衛門は密通した2人を切り殺した点では無罪であったが、別件で処罰されている。彼は酒野谷村の甚兵衛の娘せきを妻にもらい受けながら、人別帳には「下女」と載せ、息子作平は出生届けすらしていなかった。このことが判明し、「不埒(ふらち)」として5貫文の過料を命じられた。子までなした女房を下女と届けていた喜右衛門の扱いように、せきが密通へとはしる動機があったのかもしれない。

世間体を考えて妻の不倫を見逃す場合も

 それにしても無罪になるとはいえ、密通した妻と間男を夫が殺害することは、現実にはめったに起きなかった。先のキセル絵職人の事件と同じ頃の1816年(文化13)に成立した『世事見聞録』に、こんなことが書かれている。

「元来、右のような(不義密通を働く)不届き者は折檻するか斬り捨てるべきなのに、最近はそんなことをすると、自分の身の瑕瑾(傷)になるので、何もしなくなってしまった」(「武士の事」)

 と、文化・文政時代の軟弱化した時代風潮を憂えている。さらに、

「今の時代は(不義密通が)露顕しても、寝取った者より寝取られた男の恥辱となる。人の妻を犯すような者はだいたいが不埒者なのに、何か手柄をしたような具合になっている。また寝取られたほうは多少とも身分のある者なので、今後のことを考えて、世間に知れぬよう穏便にすませようとするのが、最近の風潮である」(同前)

 密通された夫が世間体を考えて妻の不倫を見逃すという、現代でも有り得ることである。

“師匠の妻”と不倫した奉公人は「斬首され、首が刑場に3日間晒される」《日本の“不倫の罪”はどう変化したか?》 へ続く

(丹野 顯/Webオリジナル(特集班))