ここにきて感染拡大が進んでいる

写真拡大

 保険業界初の新型コロナウイルス保険が話題を集めている。

 第一生命の子会社「第一スマート少額短期保険」が9日から発売する「特定感染症保険」で、感染と診断された時点で10万円が受け取れるというもの。

 18〜69歳が加入でき、保険料は今月申し込んだ場合、3か月で980円。安さの訳は、加入手続きがすべてインターネットで行われることに加え、2つの業界初の特徴があることだ。

「感染状況によって保険料が変わること、診断時点で保険金が受け取れるのが業界初です。保険料は現時点で980円で、3か月間は変わりませんが、更新する場合は10万人当たりの陽性者数を基準に毎月変わる保険料で、次の3か月を契約更新していただく。最高で2270円が上限となっています」(担当者)

 緊急事態宣言が再発令された今年1月の感染状況と同程度の場合、保険料は約1200円になるという。

 コロナ関連ではこれまで医療保険の範ちゅうで、ホテル療養、入院保険などにかかる費用が日額給付される保険商品があった。今回、医師の陽性診断の時点で保険金10万円が給付されるのは初。入院、療養まではしない陽性者もカバーする。

 10万円の設定は「フリーランスの方などが仕事を休んで収入が減るのに備え、入院や療養、生活費に使ってもらえる」(同)という想定だ。

 商品開発には、特に社会生活維持に欠かせないインフラに従事するエッセンシャルワーカーと呼ばれる医療や福祉、保育、農業、小売、販売、通信、公共交通機関などの従事者の不安の声があったという。

「リモートでは仕事ができないエッセンシャルワーカーの方々の不安解消のほか、会社に属さない新しい働き方のフリーの方々にもおすすめしたい」(同)

 第4波の入り口ともみられる感染状況だけに、これから追随する他社商品とともに注目されそうだ。