「復帰は検討して結論出したい」とも語っていた渡部建

写真拡大

“多目的トイレ不倫”騒動で自粛中の渡部建(アンジャッシュ)が12月3日に記者会見を開いた。大みそかに放送されるバラエティ特番の収録に参加したという噂についての質問もあったが渡部は明確に答えておらず、テレビ復帰についても言葉を濁した。そんななかTwitter上では「渡部建が復帰するならば有吉弘行の番組で」と期待する声が少なくない。

【この記事の他の写真を見る】

渡部建の会見をワイドショーやネットニュースが取り上げるなか、折しも4日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で有吉弘行が渡部建への愛あるいじりを見せた。

俳優の渡辺謙が草薙航基(宮下草薙)とのロケ企画でVTR出演したことを受けて、有吉が「ケン・ワタナベが出たんだから、そろそろケン・ワタベもね」と口にしたところ、マツコ・デラックスに「ここで出すなよ」と突っ込まれてしまう。

『かりそめ天国』は収録だが渡部建の会見翌日というタイムリーな有吉のいじりには、視聴者からTwitter上で「渡辺謙を出した後に渡部建を持ち出す有吉弘行w」、「草薙、渡辺謙の次は渡部建とのロケかもしれない…」などの反響があった。

そんな有吉は、渡部の不倫報道からほどなくして6月14日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、あえて渡部建ではなく「渡部篤郎」や「渡辺謙」といった過去に不倫報道があった先輩たちの名前を並べていた。当時のリスナーはTwitter上で「渡部には触れず渡部篤郎と渡辺謙に触れる有吉のラジオ芸秀逸」、「有吉さんのラジオほんとやべぇな渡部いじりまくっていじりまくって 最近だと渡辺謙さんとかねーって笑」と盛り上がったものだ。

また『かりそめ天国』で以前に渡部建がポン酢を「酸っぱ過ぎて素材本来の味が楽しめない」と評したところ、ポン酢好きな有吉弘行が腹を立てて「徹底的に戦うしかない」と宣戦布告した経緯がある。

そうした有吉との関係もあって、渡部建の会見後にTwitter上で「渡部が年末のガキ使に出るみたいな話があるけど、俺的には渡部の復帰はかりそめ天国しか考えられないよ…」、「渡部さんを救えるのは有吉さんしかいない気がしてきた」、「有吉と渡部でポン酢の容器で殴り合いの決闘してほしい」といった声が飛びかっているのだ。

渡部建はこのたびの記者会見で、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大みそか特番“笑ってはいけない”シリーズの収録に参加していたという報道があった件を質問されても、「私の口からはお答えできません」とハッキリせず、一部の記者から「こっちもガキの使いで来てるんじゃない」と辛らつな言葉を浴びせられた。

会見映像を見たメンタリストDaiGoは3日、YouTubeで「渡部さんの会見で胸糞質問したサイコパス記者の正体を暴きます」をライブ配信すると、4日にはTwitterで「昨日の動画で話した通りマスコミが言い訳を始めましたね…責任逃れのヒーロー気取りのマスコミを、皆さんどう思いますか?」と訴えた。

また、きゃりーぱみゅぱみゅは4日にTwitterで「そりゃあ理由があって会見を開いてるんだけど、人間の追い詰められたヤバい顔とゆうかギリギリの精神状態を見るのって本当にきち〜」とつぶやいており、フォロワーから「同感! あれじゃ、イジメですよね」、「自業自得だけどあれはかわいそうだなって思いました」と反響があるなか、「有吉さんがまたツッコミ入れそう」という声も見受けられた。

ちなみに渡部建の相方である児嶋一哉は、5日放送の情報番組『王様のブランチ』(TBS系)で渡部の会見について「バカタレがお騒がせして、ご迷惑をおかけしております」と詫びたうえで、アンジャッシュとしての共演については「まだ何も決まっていないが当分なさそう」と話していた。画像3枚目は『アンジャッシュ 渡部 建 2018年10月30日付Instagram「竹山社長の会!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)