現在働いているバーの前で笑顔を見せた坂口杏里

写真拡大

 11月7日に挙動不審な様子が映った動画がインターネットで拡散し、いまだ炎上し続けている元タレントの坂口杏里(29)。元勤務先のバーで自ら110番するなど不可解な行動が目立つが、現在は騒動があった飲食店を辞めて新宿・歌舞伎町にある別のバーで店員として新たな生活をスタートさせたという。一躍、渦中の人となった坂口が亡き母・坂口良子への思いと、今後について赤裸々に語った。

【写真3枚】うつむきながら亡き母・坂口良子についての想いを語る坂口杏里

* * *

 最近、歌舞伎町の新しいバーで働き始めました。高校の同級生と一緒にふらっと飲みに来た時に、こぢんまりとした雰囲気が気に入って“ここで働かせてくれないかなあ”とオーナーに話したら“明日からでもいいよー”と言ってくれて。正直、最近はお金がなくて携帯代も払えなかったし、もう死ぬのかなぁ……と思っていました。歌舞伎町でお騒がせばかりしている私を受け入れてくれる店なんて他にないだろうし、雇ってもらえるだけありがたいなと感謝しています。

 お店のインスタやSNSを見ましたって来てくれる方々にも感謝しきれないぐらい感謝していますし、皆さんの期待に応えたいと思っています。

 ですが、最近また1つご迷惑をかけてしまいました。お客様としていらしてくださった男性を、私のSNSで「新しい彼氏だ」と紹介してしまったんです。SNS上にアップする許可はもらっていたのですが、嘘をついてしまったのは反省しています。

 いま、ちゃんとした彼氏はいません。もうかれこれ1年くらいはいないんじゃないかな。もちろん彼氏は欲しいですし、結婚願望があるんです。私が描いていた人生設計では、26歳で子供がいたはずなんですけどね(笑)。もうとっくに過ぎてしまったんですけど、結婚して平和な「あったかい家庭」を築きたいですね。

 私にとって幸せというのは、あったかいこと。しかも自分だけではなくて、私があったかくなることで家族にもそのぬくもりが伝わり、周りの応援してくれる方にも広がっていく。それが私にとって何よりも嬉しいことなんです。

 色々と騒動を起こしてしまい、反省の毎日です。そんななか頻繁に思い出すようになったのが母との思い出です。最近、そんな母のことを想って“I will keep by your side forever”(私は永遠にあなたとともにいます)と鎖骨辺りにタトゥーを入れました。母への思いは常に私の心の中に残っていますし、一生忘れないように入れたのです。

 一時期は風俗で働いたり、アダルトビデオの世界に飛び込んだりしたこともありました。てっとり早く稼げて1回に貰えるギャラも違います。ですが、そういった世界に足を踏み入れることはもうありません。最近は金額の大小じゃなくて、今のバーのお仕事みたいに、お客様と話したり、店の方針を考えたりすることにやりがいを感じているんです。そろそろ30歳になるので、色々なことを考えたり決めたりしなきゃいけないのかなって思います。

 いまは「Bar Cachette (バーカシェット)」というお店でお世話になっていますが、いずれは歌舞伎町で自分のバーをオープンすることが目標です。昔はモーニング娘。に憧れて芸能界に入りました。モー娘。にはなれませんでしたが、バラエティ番組に出て皆さんに存在を知ってもらうことはできた。人生何が起こるかわからないですが、今は自分の目標ができたので、そのために頑張りたいですね。