「文藝春秋」9月号の特選記事を公開します。(初公開:2020年8月24日)

〈(川辺川)ダム工事の着工直前になって、知事が代わってダムをやめた。(熊本豪雨災害は)一種人災の面がある〉

 今年7月の熊本豪雨災害に関して、こう発言したのは、経団連の山内隆司副会長だ。熊本県の蒲島郁夫知事が2008年に川辺川ダム建設を取りやめたことを「一種の人災」と断じたのだ。

 この発言に「私もまったく同感です」と述べるのは、京都大学大学院教授で土木工学が専門の藤井聡氏だ。

〈40年にもわたる建設計画は、7割ほど進んでいて、言わば“完成間近”でした。ところが、知事の一声で、2008年に突如として中止になってしまいました。経団連の山内副会長が「一種の人災」と断じたのは、こうした経緯を踏まえてのことです〉


熊本県人吉市で氾濫した球磨川

洪水被害が繰り返されてきた「人吉エリア」

〈被害が大きかった「人吉エリア」は、大昔(100万年以上前)は「湖の底」(「古人吉湖」)だったところで、現在は四方を山々に囲まれた「盆地」となっています。球磨川水系が“暴れ川”になっても不思議でないのは、地理的構造から見れば“一目瞭然”です。

 ですから、過去にも洪水被害が繰り返されてきました。とくに1965年には、「昭和40年7月洪水」「球磨川大水害」と呼ばれる戦後最大の水害が起きました。今回と同様に、梅雨後期の停滞前線による集中豪雨に見舞われ、球磨川の上流から下流まで広域が浸水しています。

 その結果、人吉市は、市街地の3分の2が浸水し、家屋の流失・損壊は1281戸、床上浸水が2751戸、床下浸水が1万戸以上という甚大な被害に見舞われました。

 この大水害が発端となり、翌66年に治水対策としてスタートしたのが「川辺ダム建設」です。

「昭和40年7月洪水」では、人吉地点は最大で毎秒7000トンという洪水に襲われました。1960年に完成した球磨川上流の市房ダムの洪水調節能力では、まったく太刀打ちできません。そこで、約10倍の洪水調節容量をもつ「川辺川ダム」が計画されたのです〉

「八ッ場ダム」と「川辺川ダム」が“目の敵”に

 ところが、2008年9月に、蒲島郁夫知事が「ダム建設反対」を表明。さらに、人吉市の田中信孝市長も建設の白紙撤回を求め、建設予定地である相良村の徳田正臣村長も反対を表明。

 当時の「脱ダム」ブームのなかで、世論も、メディアのほとんども、建設反対の論調だった。

 翌2009年9月には、「コンクリートから人へ」をスローガンに掲げた民主党政権が誕生する。

〈とくに「東の八ッ場ダム(群馬県)」と「西の川辺川ダム」が“目の敵”にされました。この二つのダムの建設中止は、民主党のマニフェストにも盛り込まれ、民主党政権の前原誠司・国土交通大臣は、就任直後に両ダムの計画中止を表明しました。

「脱ダム」ブームの嵐のなかで、治水技術者たちの声はかき消され、計画の7割まで進んでいた「川辺川ダム建設」も、正式にストップしてしまったのです〉

「ダムによらない治水」も進められなかった

 さらなる問題は、「ダムによらない治水」を主張していた蒲島知事が、知事に就任して以降の10年以上にわたって、「ダムによらない治水」を実質的にほとんど何も進めていなかったことだと藤井氏は指摘する。

〈今回の集中豪雨が過ぎた7月5日、蒲島知事は、報道陣に「ダムによらない治水を12年間でできなかったことが非常に悔やまれる」と述べました。知事は、2008年9月の県議会で、ダム建設の白紙撤回を求めるにあたって、「ダムによらない治水」の検討を極限まで追求すべきだ、と主張していたからです。

 しかし、この12年間、実質的に何も進められませんでした〉

計画通りなら今回の豪雨に間に合っていた

〈「ダムによらない治水」については、一応、いくつかの案が出されています。「遊水池」「放水路」「引堤(ひきてい)」「堤防嵩上げ」です。

「遊水池」というのは、洪水が起きたときに川の水を一時的に氾濫させる池のことです。これには広大な土地の確保が必要で、予算は約1兆2000億円もかかります。工期はおよそ110年ですから、完成までに、再び大きな洪水被害に見舞われることは間違いありません。

「放水路」というのは、川をもう一本つくり、球磨川の水をそちらにも流すというものです。これも予算が約8200億円かかり、工期も45年です。

「引堤」というのは、堤防の幅を広げることです。これも予算が約8100億円で、広域の土地を高台にするため、工期は200年もかかります。

「堤防嵩上げ」というのは、文字通り、堤防を高くすることです。土地の新たな買収は不要なので、予算は約2800億円ほどですが、工期は95年もかかります。

 治水技術者たちは、「今年は大丈夫だろうか?」と、毎年、ロシアンルーレットを見るような危機感を抱いていました。ところが、「ダムによらない治水」のいずれの案も、「予定工期」から明らかなように、そうした危機感を欠いた、何とも“悠長な”計画なのです。

 これに対し、「川辺川ダム」は、2008年時点で計画の7割まで進んでいて、2017年には完成予定でした。つまり、計画通りであれば、今回の豪雨災害に間に合っていたのです〉

「川辺川ダムが建設されていたら、ここまでの被害にならなかった」と主張する藤井聡氏の「熊本豪雨災害は『脱ダム』の悲劇だ」の全文は、「文藝春秋」9月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年9月号)