<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

新規事業創出、企業のイノベーションを支援するイグニション・ポイントはサービスロボットのローカライズとグロース支援を行うIGP ROBOTICS株式会社を設立したことを発表した。イグニション・ポイントは2020年4月にロボット事業を設立しており、これを別会社化したのがIGP ROBOTICS。

IGP ROBOTICSはロボット事業の第1弾のソリューションとして、新型コロナウイルス対応で負担がかかっている医療機関向けにロボットソリューションを開発し、検温ロボット、紫外線照射ロボット、清掃ロボット等の複数のロボット導入を進めている。これに合わせ検温ロボットとして導入を進めているUBTECH社(中国深セン)のCruzr(クルーザー)対疫病モデルの日本総代理店になると共に戦略的パートナーシップ契約を締結し、国内展開を進める。また、ソフトバンクロボティクスの清掃ロボット「Whiz」の取扱いも開始している。同社は複数の国内外のロボットメーカーと交渉を進め、多様なロボットの展開を進めていく。

●医療機関向けソリューションの展開

同社は新型コロナウイルス対応で疲弊する医療機関を支援するために、以下の複数のロボット導入を進めている。

・検温ロボット「Cruzr:Anti-Epidemicモデル」(UBTECH社)の導入により、医療スタッフによる個別検温の業務負担を軽減すると共に来院者の発熱状況を正確に把握することでの院内での安全・安心確保

・紫外線照射ロボットの導入により、新型コロナウイルス患者を受け入れるレッドゾーンでの安全確保

・病院内の案内ロボット「Cruzr」(UBTECH社)の導入により、病院内での医療スタッフと来院者の接触軽減による安全確保及び案内業務の効率化

・清掃ロボット「Whiz」(ソフトバンクロボティクス社)の導入により、院内の清潔化を通じた安全向上及び医療スタッフの負荷軽減と外部に委託する清掃コストの低減

・上記に加え、検体搬送ロボット、配膳ロボット等、医療機関に求められるロボットの導入を積極的に進める。

6月より実証実験を開始してきた川崎市の麻生総合病院では、複数ロボットの導入を進めると共に、他の医療機関とも導入に向けた検討を進めている。

(山田 航也)