Image: 渡辺佑基(国立極地研究所)

海氷がなくてもペンギンは育つ。

南極の海氷はここ数年で解けまくっています。喜ばしい状況じゃないのだけど、南極で暮らしている一部のペンギンは、その状況を楽しんじゃってるみたいなんです。新しい研究結果によると、海氷が激減している間にアデリーペンギンの群れが繁栄していたことがわかりました。でも、ぬか喜びはしないほうがいいようです。海氷の激減がすべてのペンギンに同じ影響を与えるわけじゃないみたいなので。

海氷が減るとペンギンが繁殖する?

Science Advances誌に発表されたこの研究では、東南極のリュツォー=ホルム湾沿いにおける2016年から2017年の繁殖期に注目したそうです。この地域では、同期間にとんでもない勢いで海氷が減少し、2017年には南極の海氷面積が過去最小を記録しています。でも、そんなことなどどこ吹く風とでも言わんばかりに、2010年から2013年までの他の3つの期間よりも、2016年から2017年にかけてペンギンの体格、ヒナの成長率、繁殖の成功率が増加しちゃったらしいんです。なにがあった?

東京にある国立極地研究所の渡辺佑基准教授は声明でこう述べています。

これらのペンギンは、海氷が少ない方が幸せなようだとわかりました。ピンとこないかもしれませんが、根底にあるメカニズムは実はとても単純なのです。

海氷が減ると歩かずに泳いでエサをとる省エネスタイルに

Image: 国立極地研究所
(A)海氷の張ったシーズン(2010年12月〜2011年1月)と(B)海氷の流出したシーズン(2016年12月〜2017年1月)のペンギンのGPS追跡。黄色の丸印は巣の位置を示す。

175羽の群れは、海氷が少なくなったことで、歩いてではなく泳いでエサを探すのが可能になり、簡単にエサにありつけるようになりました(上図参照)。なんてったって、ペンギンは歩くよりも泳ぐ方が速いですからね。その結果、ペンギンはより少ないエネルギーでより多くの時間をエサ取りに費やすことができたそうなんです。氷が増えた年には、オキアミや魚を捕まえるために、遠くまで氷の割れ目探しの旅に出ないといけなくなりました。氷がなければ、巣の目の前にある海にダイブすればいいだけなんだとか。海氷がある場合よりも3マイル(4.8km)も長い距離を移動しなきゃいけなかったのに、時間は3.2時間から7.9時間も節約できたそうです。

こういった状況が、ペンギンの健康に測定可能な違いをもたらしたようなんです。メスは5%〜16%、オスは7〜17%も体重が増えました。ヒナは、海氷が多い季節と比較して34%から52%も成長が増したとのこと。これまでの研究では、海氷の減少がペンギンに与える影響はケースバイケースでしたが、ペンギンの行動の違いの原因になっているメカニズムを解明するために、GPS、カメラ、加速度計などを用いた研究は行なわれてこなかったそうです。

この研究には参加していない、アデリーペンギンの動態を研究してきた極地海洋研究グループの社長兼主任研究員であるビル・フレイザー氏は、Eartherにメールでこう書き綴っています。

この論文のオマケは、技術の進歩(GPSタグや潜水深度レコーダーなど)によって、アデリーペンギンの生態のどんな部分が、より最適な海氷条件の影響を受けるかが示されていることですね。これこそが、この論文の最もユニークで目新しい点です。言い換えると、アデリーペンギンが海氷にどんな風にに反応するかが、テクノロジーによってデータ化されたということです。

でも温暖化で海氷が減り続けるのはやっぱりマズい

Image: 渡辺佑基(国立極地研究所)

国立極地研究所の科学者チームは、このような技術を用いて、ペンギンの採餌行動を泳ぎと歩きに区分して追跡し、潜水中にペンギンがどれだけの獲物を捕まえたのかを推定することができました。しかしこの論文では、温暖で氷の少ない西南極の南極半島でアデリーペンギンの個体数が減少していることと整合性がとれていない理由が説明されていません。著者らは、捕獲できる獲物の数とエネルギー消費が関係しているのではないかと仮説を立てているようです。フレイザー氏は、この研究結果を決して良いニュースとは考えていないそうです。実際のところこの論文は、アデリーペンギンのような野生生物が気候の変化にどれほど敏感であるかを示していくれていますよね。

フレイザー氏はEartherにこう述べています。

地球温暖化が続く限り、アデリーペンギンに安全な場所はありません。

Reference: 国立極地研究所