1週間で売上約500万本(※350ml缶換算)の新飲料「キリン グリーンズフリー」

『キリン グリーンズフリー』幅広い人に支持される理由とは?

ノンアルコール市場への新しい提案の飲料として、4月3日(金)から発売を開始した『キリン グリーンズフリー』。

発売から1週間で、すでに売上本数は500万本(※350ml缶換算)を突破し、話題の商品となっています。

『キリン グリーンズフリー』の特長といえるのが、ノンアルコールの新しいカテゴリー名「自然派ビールテイスト炭酸」(※1)を謳っている点。

(※1) 自然派ビールテイストとは、素材の良さを引き出した雑味のない味わいを表しています。

これには、「おいしく」「健康的に」「気軽に」リフレッシュしてほしいというキリンの思いが込められているそう。

あえてビールの味に近づけるのではなく、麦やホップのおいしさを引き出す日本初(※2)の新製法を採用しています。

(※2) 麦やホップの香りの良さを引き出した、香料、人工甘味料無添加のノンアルコール・ビールテイスト飲料(0.00%)の製法として初めて(キリン調べ2020年2月現在)/特許出願中

香料や人工甘味料を使用しない、今までにない爽やかな味わい。そんな『キリン グリーンズフリー』をすでに愛飲しているという4人の一般男女に集まってもらい、都内で座談会が行われました。

「ビールの代わり」というよりも…?

「最初に『自然派ビールテイスト炭酸』(※1)と聞いて炭酸飲料に近いのかなというイメージがありましたが、実際飲んでみるとしっかりと麦やホップの味わいを感じられました。それでいてさっぱりしていて、とても飲みやすかったです」
(※1) 自然派ビールテイストとは、素材の良さを引き出した雑味のない味わいを表しています。



と話すのは、1歳半の授乳期の子どもを持つママ@ asamichi922さん。出産を経て、基本的にお酒を控えるようになったそうですが、『キリン グリーンズフリー』が発売されたことで「旦那さんと一緒に乾杯ができるようになって嬉しいです」と笑顔。

「ビールの代わりというよりも、麦テイストの炭酸という感覚が近いと思いました。すっきりとした味わいが好みなので、一口目飲んだ時、素直に好きな味!って思いましたね」



テーブル・フードコーディネーターの@sairi_tableさんは、意外にも「スイーツ」と一緒に試してみたのだとか。結果は、「これが意外とマッチしておいしかったですよ!こういった自分なりの組み合わせにチャレンジしてみると楽しいかもしれません」。

「食事と一緒に楽しめるのも気に入っているところです。この前、夕食で揚げ物のお供にしたら本当に相性が良くて!『キリン グリーンズフリー』で口がすっきりリセットされるので、食事がどんどん進んじゃいました(笑)」



普段の食事にも相性バツグンだと教えてくれたのは、看護師/保健師の@ wataru_force26さん。さらにフードコーディネーターで筋トレが好きだという@ food_yuuさんは、

「趣味がマラソンなので、走り終わった後に練習仲間とビールを飲むことが結構あります。私自身お酒がそこまで強くないのですが、これがあれば一緒に乾杯できるし、すっきりしたおいしさが運動後にぴったりだと思いました」

とも話してくれました。



ビールテイスト×炭酸飲料の「新しいジャンル」として登場し、様々な方に、様々なシーンで楽しまれている『キリン グリーンズフリー』。まだ飲んでいない!という人は一度店頭で手に取ってみては?

※参加者は座談会開始前にアルコール消毒を行い、ソーシャルディスタンスをとって座っています。

・キリン グリーンズフリー(ソーシャルトレンドニュース)

[PR企画:キリンビール × ライブドアニュース]