仏パリ近郊の病院で、中庭に設置されたテントに搬送された患者の対応に当たる医療従事者ら(2020年4月1日撮影)。(c)Philippe LOPEZ / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランスは2日、新型コロナウイルス感染により病院で死亡した人の数が前日から471人増えたと発表し、同国での流行開始以降に老人ホームで亡くなった人の数は900人近くに上ることを明らかにした。

 フランスの新型コロナウイルスによる公式死者数は計4503人となった。これには病院で亡くなった人のみしか含まれておらず、自宅や老人ホームで亡くなった人の数は含まれていない。

 しかし仏保健当局トップのジェローム・サロモン(Jerome Salomon)氏は記者会見で、これまでに老人ホームで亡くなった人の数は884人であることを初めて公表した。これと病院での死者数を合わせると、フランスでの新型コロナウイルスによる死者数は5387人となる。

 フランスでは現在約2万6000人が入院中。集中治療を受けている人は6399人で、前日から382人増えたが、増加ペースはこの1週間で鈍化している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「マスク不要」のスタンスに変化か、新型コロナ拡散防止で 米国
見下される「英雄」スーパーのレジ係、新型コロナですでに死者も
「今朝目覚めて私は泣いた…」 新型コロナと闘う仏医療従事者らの苦悩