福島の復興を後押し!キャンプ地「FOME BASE」に「ツリーハウス」と「シェルター」を作ろう拡張プロジェクトのクラウドファンディング開始

写真拡大 (全6枚)

福島の自然に囲まれたカジュアルなキャンプ場「FOME BASE」は復興庁と連携し、2020年1月20日から2月28日までの40日間、クラウドファンディングプラットフォーム「GoodMorning(運営:CAMPFIRE)」にて<FOME BASE拡張プロジェクト>を実施している。

摺上川が流れ、川のせせらぎや滝の音を聴きながら自然が感じられる、昔から変わらないアウトドアフィールド「FOME BASE」に、子ども大人までみんなが笑顔になるツリーハウスとシェルターを作るという計画だ。

■福島の自然を伝えたい!クラウドファンディングで実現する復興
震災を機に、放射線などの影響で、外で思いきり遊ぶという感覚が希薄になってしまった子どもたちが福島県の財産である自然を存分に感じてもらいたい。という想いから、福島の自然に囲まれたキャンプ場「FOME BASE」に、ツリーハウス、シェルター、テラスを建設するプロジェクト<FOME BASE拡張プロジェクト>をクラウドファンディングにて実現するとのこと。

ツリーハウスやシェルターに使用する材木は東北地方産の木材を使い、子供たちが遊びながら手に触れるなど、木の温もりを自然に体験できる機会も提供したいと考えているという。完成した暁には、FOME BASEの、そして福島のモニュメントとして全国へアピールしていくとしている。

また、「FOME BASE」は、来訪者に安心して利用してもらえるようにしていきたいと考えていることから、防災という意識をより認知していただくために、コンテナを用いた、雨風から身を守ることができるシェルタースペースも建設する。ここでは、普段はホッと一息のつける休憩スペースとしてご利用いただけるほか、屋上ではBBQを楽しめるテラスも併せて建設する予定だ。また、この施設とツリーハウスは階段で繋がれるようになっている。来訪者同士の交流が自然に生まれるきっかけにもなれるような様々な工夫やアプローチを進めていく。

■クラウドファンディングの概要
目標金額:3,000,000円
募集終了日:2020年2月28日(金)23:59まで
資金の詳細:
クラウドファンディングサイト会社への手数料:450,000円
ツリーハウス建設費用(デザイン・設計・建設):1,000,000円
ツリーハウス用資材費:200,000円
施設拡張費(コンテナ設置やテラス席建築等):900,000円
キャンプ場整備費(備品や重機の燃料代等):450,000円
リターン(返礼品):金額に合わせて、 FOME BASEオリジナルの記念品や福島の特産品など用意
スケジュール:
2020年1月初旬〜2020年2月下旬 クラウドファンディングで資金調達完了
2020年2月下旬〜2020年3月末 キャンプ場整備完了※積雪状況により開始が遅れる可能性あり
2020年11月下旬〜2021年3月末 ツリーハウス建設完了※積雪状況により開始が遅れる可能性あり

■FOME BASE/ホームベース概要
住所:〒960-0271福島県福島市飯坂町茂庭中川原6
営業時間:9:00-17:00
定員:制限なし
駐車場:1台1,000円
ペット:可※大型犬不可
トイレ:あり
入場料:CAMP※1泊2日(大人1人※中学生以上 1,500円/小人1人※小学生750円)
DAYCAMP(11:00-16:00)(大人1人※中学生以上 1,000円/小人1人※小学生 500円/未就学児 無料)




■Goodmorning(クラウドファンディング)
■FOME BASE

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・フランシュシュの幕張ライブまでの道のりに密着!ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュLIVE OF THE DEADをアニマックスで独占生放送
・東日本、西日本、九州のJR3社×バイオームで生物多様性の調査と地域資源の再発見を目的とした実証実験「バイオームランド」実施
・niconico伝統のイベント9回目は2大イベントを同時開催「ニコニコ超会議2020」×「闘会議2020」入場券&体験チケットを2月10日より発売開始
・爽やかな酸味と豊かな香りが楽しめる!バターの新しいおいしさ発見!発酵バターを配合した「明治スプレッタブル」
・大日本印刷(DNP)が2Dアニメーション制作ツール「Spine」の初級者向けカリキュラムを開発!入門書の販売とオンライン講座の公開を開始