万引の窃盗罪に問われた被告に「刑罰より治療を優先」異例の判決

ざっくり言うと

  • 名古屋市内の店で万引をしたとして、窃盗罪に問われた44歳の女性被告
  • 名古屋地裁は17日に、懲役1年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡した
  • 「刑罰より治療を優先することが許される事案」とされた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x