富士フイルムから小型・軽量ボディに超高性能AFや4K動画撮影機能を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T200」を新発売

写真拡大 (全2枚)

富士フイルムは、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」に、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T200」(以下、X-T200)を新たにラインアップに加えると発表した。また、より手軽に撮影を楽しめる「X-T200」と交換レンズをセットにしたレンズキット2種類(標準ズームレンズ/標準・望遠ズームレンズのキット)を2020年2月27日より発売する。

「X-T200」は、高い機動力と優れた操作性が好評の「FUJIFILM X-T3」など「X-Tシリーズ」の特長である「センターファインダースタイル」を採用したミラーレスデジタルカメラ。約370gの小型軽量ボディに、約2424万画素のAPS-Cサイズセンサーと高性能な画像処理エンジンを搭載する。

長年にわたって培った独自の色再現技術などにより、自然で美しい肌色、初夏の鮮やかな新緑や突き抜けるような青空の色など、人間の記憶に残る「記憶色」を実現した。また、センサー全面における像面位相差画素の配置とアルゴリズムのさらなる進化により、AF性能を向上。優れた動体追従AFや顔・瞳AFを可能にするとともに、暗所でも高速かつ高精度にピントを合わせることができる。

背面には、明るい大型ワイド液晶モニターを搭載しており、直感的なタッチ操作を実現した。さらに、モニターを自在なアングルに調整できる「バリアングル構造」を採用。顔・瞳AFとの組み合わせで「自分撮り」を簡単に行うことができるなど、優れた操作性を発揮する。また、充実した動画撮影機能により、30コマ/秒の滑らかな4K動画や明暗差の大きな撮影シーンでも豊かな階調を再現するハイダイナミックレンジ(HDR)映像などを撮影することができる。

「X-T200」は、写真のみならず本格的な動画の撮影にも最適なミラーレスデジタルカメラで、スマートフォンでの撮影からステップアップしたいユーザーから写真愛好家まで、大切な思い出を簡単に、かつ高画質で撮影して残したい方におすすめだ。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・レンズキャップの紛失を防げるカメラストラップに取り付けるレンズキャップ用クリップ「CAPNiP」がmachi-yaでのクラウドファンディングを開始
・1月末までの特別価格!JAPANNEXTから税込みで3万円を切る4K HDMI2.0 USB-C Freesync 28型ワイド液晶モニター 「JN-T284CUHDR」
・周囲の影を消し瞳にキャッチライトの映り込ませができ、しかも折りたためる人物撮影用ディフューザー「影スッキリフラッシュ」
・面倒なジャッキアップがボタン操作後約1分で完了する!電動モーター搭載の機械式パンダグラフジャッキ「シガーソケット電動ジャッキ」
・ソニーαシリーズと組み合わせて最強の撮影環境を実現!ワイヤレスリモートコマンダー機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」