検察官の論告を聞く小林遼(はるか)被告=22日、新潟地裁、絵と構成・東有達(ゆうだ)

写真拡大

 新潟市西区で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)が殺された事件の裁判員裁判が22日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。

 検察側は論告で「まれに見る悪逆非道な犯行で、生命軽視の度合いが甚だしく大きい」などと述べ、同区の元会社員、小林遼(はるか)被告(25)に死刑を求刑した。

 小林被告は殺人や強制わいせつ致死など七つの罪に問われている。

 起訴状によると、小林被告は昨年5月7日、下校中の女児の背後から軽乗用車を衝突させて連れ去り、わいせつな行為をした後、首を絞めて殺害。同日夜、女児の遺体をJR越後線の線路上に遺棄し、列車にはねさせたなどとされる。

 弁護側は冒頭陳述で、女児の首を絞めたのは気絶させるためだったとして殺意を否認し、傷害致死罪が適用されると主張。また、女児の死亡前にわいせつ行為はなかったとして、強制わいせつ致死罪も成立しないなどと訴えている。

 女児の遺族は被害者参加人の立場で意見陳述し、「被告にふさわしいのは死刑しかない」などと述べていた。