今着てたらさすがにダサい!働く女子の「時代遅れファッション」4つ

写真拡大

あなたはどれくらいの頻度で服を購入していますか?あまりにも長い間服を購入せずにずっと同じアイテムばかり着ていると、いつのまにか時代遅れになっているかもしれません。今回は、働く女性の時代遅れファッションについてご紹介します。

(1)レギンス

『今履いてるの見ると芋っぽいな』(25歳/美容師)一昔前に、ワンピースやスカートの下にレギンスを履くのがとても流行しましたよね。その時の感覚が抜けきらず、いまだにレギンスを履いている人はいませんか?レギンスはとても古いファッションに見えてしまうため、今すぐにでもやめるべきです。ボトムスにはスカートとレギンスを合わせるのではなく、ワイドパンツやロングスカートなど、丈の長めのものを選ぶと今っぽくなりますよ。

(2)大振りな柄物

『なんか服の主張はげしくない?』(31歳/通信)派手で大振りな柄物は、ややバブリーな印象に見えてしまうことがあります。特にアラサー世代の女性がこのような柄物を着ていると、一気に古臭く見えてしまう可能性があるのです。柄物はさりげない小振りなものを選び、大人の余裕を感じさせましょう。

(3)ニーハイ

『ギャルっぽい。昔ギャルで履いてたのかなって(笑)』(32歳/広報)ニーハイも、以前若い女性たちの間で流行したアイテムの一つとして知られていますよね。しかし今ではニーハイを履いている人はほとんど見かけません。また大人の女性がニーハイを履いていると、痛い印象になってしまうため注意が必要です。痛い女性だと周囲に思われてしまうことのないよう、アイテム選びは慎重に行ってくださいね。

(4)太ベルト

『今は細いベルトの方が流行ってない?』(28歳/インテリア)ウエストマークとして太ベルトをするスタイルも、以前は様々なところで見かけました。しかし太ベルトをしたスタイルは、まるでチャンピオンベルトをしているかのようなダサいスタイルに見えてしまいます。過去をひきずってばかりだと、ファッションが古く見えて老けた印象になってしまいますよ。雑誌を意識して読んでみたりなど、もう一度自分のセンスを磨いてみてくださいね。今回は、働く女性の時代遅れファッションについてご紹介しました。ご紹介したアイテムをいまだに着用していて、ドキッとした方もいるのではないでしょうか。新しいアイテムを積極的に取り入れて、洗練されたスタイルを目指しましょう。(恋愛jp編集部)