今井絵理子・参院議員

写真拡大

 不倫は身を滅ぼす……と言われるけれど、ここまでの「実例」となると、相当に「稀」ではなかろうか。今井絵理子・参院議員(35)の前不倫相手にして現交際相手の橋本健・元神戸市議(39)。議員辞職、離婚に続いて、今度は破産一歩手前まで追い詰められていた。

 9月を迎えた自民党内は内閣改造、党人事の話題一色。当選を重ねたベテラン、中堅はもちろん、1年生議員ですら「出世」の2文字がちらつくこの秋……。そんな話題とまったくかけ離れたところにいるのがこの人、今井議員である。むろん「略奪不倫」が未だに尾を引いているのは想像に難くなく、今も話題になるのは政治ではなく、やっぱり橋本氏について。

「この夏、今井の事務所の関係者がぼやいていたんです。聞くと、今井がハシケンを秘書にしようと考えているって」

今井絵理子・参院議員

 と仰天のプランを暴露するのは、さる自民党関係者だ。

 改めて振り返ると、橋本氏と今井議員の不倫を本誌(「週刊新潮」)が報じたのは2年前の7月。新幹線で堂々手つなぎしている瞬間をカメラに収められながら、「一線は越えていない」と強弁したのが話題になった。その直後、橋本氏は政務活動費の詐取が露見して議員辞職。妻とも離婚が成立し、昨年秋には有罪判決が下された。が、逆境によって2人の「愛」はより深まったようで、今井議員が堂々「交際宣言」したほど。再婚の可能性も匂わせるなど、「略奪愛」をオープンにしたというワケなのだ。

 そんな経緯をもちろん世間は覚えている。橋本氏を秘書に採用なんてことがあれば、「公私混同」との批判は必至で、いくら何でも……と思うのだが、そこには“事情”があった。

「ハシケン、最近相当マズイみたいですよ」

 と言うのは、神戸市の市議会関係者。

「アイツのやってた歯医者が閉院状態になっているんです。議員を辞めた後はあれが唯一の収入源だったのに……」

 橋本氏経営の歯科医院は神戸三宮の一等地にある。実際、HP上にある、その「神戸中山手歯科」の番号にかけてみると、「お客様の都合により通話が出来なくなっております」とのアナウンスが。

 ご近所の商店で聞いてみても、

「ここひと月は開いているのを見ないですね。カーテンも閉まっていますし。時々“あそこやっていないんですか”と聞きに来る人がいます」

 彼の所属する神戸市歯科医師会も、

「正式な届は出ていませんが、その手の問い合わせがよく来るんです。この間も“電話が繋がらないので困っている”という連絡があった。で、こっちもかけてみたんですが繋がらずで」

 と何らかの異変が起きているのは事実のようなのだ。

“事務所に入れて”

「もうクビがまわらなくなっちゃったんですよ」

 とその“事情”を説き明かしてくれるのは、ハシケンの知人である。

「もともとあそこは一等地ですから、家賃が高い。議員報酬と、資産家の奥さんの実家という後ろ楯があって、成り立っていたんです。が、例の事件で両方がなくなり、イメージ悪化でお客さんも減った」

 となれば、坂道を転げ落ちるのも当然で、

「これまでも滞納はありましたが、ここ半年ほどは家賃がまったく払えていないそうです。周囲には“破産申請中だから払わなくてもよい”と説明しているとか。家主サイドはもちろん激怒していますよ。そんな状態ですから、今は親しい人が治療をしてほしいと言ってきた場合だけ、こっそり開ける程度で、事実上の閉院にしています」

 執行猶予期間もあと3年はあるから、結婚するにしてもまだ先のはず。で、今井議員の頭に、「スピード救済法」として、秘書採用が浮かんでいるということだろう。実際、別の自民党関係者も、

「今年の頭くらいだったかな。今井本人が橋本について“自分の事務所に入れてあげたい”と熱っぽく言っていましたよ。思わず引きましたが、公開が義務付けられている公設秘書はともかく、私設ならクローズで採用できますからね。活動がなくても金だけ支払って面倒を見ることは可能です」

 と言うから、彼女の頭の中だけで終わるとは言えないプランなのである。

 これについて、橋本氏の弁護士に問い合わせたが、「お答えできません」。今井議員にも質問状を送ったが、梨の礫。そこで携帯を鳴らすとご本人が出たものの、用件を伝えると「回答は控えさせていただきます」と言ったきり、電話を切られてしまった。

 先の関係者は言う。

「今井本人は批判に嫌気がさして、もう1期議員をやることに後ろ向きです」

 となれば、開き直ってハシケン秘書もあり得るのか――。ますます秘書採用の危険性は高まるが、いずれにせよ、大本を辿れば公金の使い道にかかわること。

 そんな話は「スピード廃案」を願いたいものである。

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載