Appleは日本時間9月11日に開催されたスペシャルイベントにおいてiPhone11 Proを発表しましたが、LTEの通信速度に関しては「ギガビットクラス」とだけ述べるにとどまり、前モデルと比べた速度の違いは明らかにされませんでした。しかしながら、回線速度測定サイトSpeedSmartがiPhone11 ProのLTE通信速度を独自に測定し、iPhone XSよりも約13%速くなっていることがわかりました。

米主要キャリア4社のLTE回線で新iPhoneの通信速度を検証

SpeedSmartは、米主要キャリアAT&T、T-Mobile、Sprint、Verizonの4社のLTE回線で、発表されたばかりのiPhone11 Proの通信速度を調査し、公式Twitterアカウントに結果を投稿しました。
 


 
例えば、iPhone XSのAT&T回線での平均通信速度は、下りが40.72 Mbps、上りが9.13 Mbpsだったのに対し、iPhone11 Proは下りが45.95 Mbps上りが10.49 Mbpsに達しました。
 
米国主要キャリアの中で最も速い通信速度が記録されたのはT-Mobileです。iPhone XSの平均通信速度は下りが41.81 Mbps、上りが13.57 Mbpsだったのに対し、iPhone11 Proは下りが48.72 Mbps上りが14.36 Mbpsとなりました。
 
SpeedSmartの調査の結果、iPhone11 ProのLTE通信速度は、iPhone XSに比べて約13%速くなっていることが判明しました。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)
 
 

あわせて読みたいiPhone11/11 Pro/11 Pro Max 関連特集

【総力特集】iPhone11/Pro/Pro Maxの料金、性能を徹底比較!【速攻予約】iPhone11/Pro/Pro Maxを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ