NYでがんの発症率が増加 同時多発テロの有害な粉じんの影響か

ざっくり言うと

  • 2001年9月11日に発生し、約3000人が犠牲になった米NYの同時多発テロ
  • 18年が経ったが、NYではがんや重篤な疾病を発症する人が増えているという
  • 専門家は、有害な粉じんの暴露と発症率に明確な相関関係があるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x