120万円かけて整形した元AKB48の小林香菜が、“美人コメンテーター”として登場/(C)AbemaTV

写真拡大

9月9日(月)放送の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaSPECIAL)では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に元AKB48の小林香菜、自称“ブス”メンバーにSKE48の須田亜香里、女優の板野成美が登場する。

【写真を見る】あどけなさが残る…整形前の元AKB48・小林香菜/(C)AbemaTV

オープニングトークでは、“美人コメンテーター”として登場した小林に、矢作兼が「整形なの?」と聞くと、「はい! カミングアウトしたのは最近なんですけど、20歳の現役の時から、ちょいちょいカスタムしてて。今28歳なので、8年前から。10回以上はやってます。費用は120万円くらいです。ボトックス注射を8回くらい打ちまくってて」と赤裸々に明かし、整形前の写真をスタジオで公開。

そんな中、小木博明から「(整形は)知ってた?」と聞かれた須田は、「なんとなくアップデートされたんだなって…」と話し、一同の笑いを誘う。

さらに、「グループ内では、(整形について)言わないの?」という質問には、須田が「言わないですけど、私は、アップデートしたなって子のビフォーアフターの写真を見るのがすごく好きで、勝手に検索して見ちゃったりする」と明かす場面も。

この他、今回は架空の雑誌の取材で自称“ブス”メンバーを呼び出し、取材の最後に“ヌードをオファーしたら、いくらで脱ぐのか”交渉の様子をモニタリングする。(ザテレビジョン)