<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全6枚)

2019年9月4日、AmazonがベルリンでFire TVに関する発表イベントを行った。

このイベントで過去最大となる20機種以上の新しいFire TVデバイスが発表されたのでまとめて紹介したい。

●Fire TV Cube(第2世代)発表

見た目はFire TV Cube(第一世代)と同じだが、中身がアップデートされた。高速処理を可能にするヘキサコアプロセッサ搭載により、さらなる滑らかな視聴体験に加えて最大60fpsの4K UHDとDolby Visionコンテンツへの素早いアクセスを実現。価格は119.99ドル。10月10日に出荷予定。日本での発売は先程お伝えしたとおりだ。

●AnkerからFire TV搭載サウンドバー発表

Anker製の世界初となるFire TV組み込みサウンドバー「Anker Nebula Soundbar」が発表された。4K Ultra HD、Alexa音声制御、Dolby Visionパススルーなどをサポート。価格は229.99ドル。米国、カナダ、英国、ドイツで発売され、11月に出荷開始予定となっている。

●東芝が65インチの新Fire TV EditionスマートTV発表

AmazonとToshibaが新たに「Toshiba 65-inch 4K Ultra HD Smart LED TV HDR - Fire TV Editionを発表した。Dolby Vision搭載の65インチモデルで、価格は599ドル。来月AmazonとBestBuyで発売予定だ。

●ヨーロッパでFire TV EditionスマートTVのラインナップ拡充

ドイツとオーストラリアにおいて、Grundigと協力して11種類の新しいFire TV EditionスマートTVを発売予定。MediaMarktSaturn Retail GroupのIMTRONと協力して、Fire TV Editionスマートテレビのラインアップを発売予定だ。

またイギリスにおいてはDixon Carphoneと協力して今年後半にJVC初のFire TV Editionスマートテレビを発売予定だ。

●フランス、イタリア、スペイン向けにFire TVデバイスの拡充

Alexa対応音声認識リモコン付属のFire TV Stick、Fire TV Stick 4Kをフランス、イタリア、スペインで提供開始となった。

(中橋 義博)