『任侠学園』 ©今野 敏 / ©2019 映画「任侠学園」製作委員会

写真拡大

映画『任侠学園』の予告編が公開された。

【動画と画像を見る(3枚)】

9月27日から公開される同作は、昔気質のヤクザが義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる今野敏の小説『任侠』シリーズが原作。経営不振の高校の立て直しを引き受けた阿岐本組のナンバー2・日村が、無気力で無関心な高校生や事なかれ主義の教師たちと対峙する、というあらすじだ。社会奉仕が大好きな弱小ヤクザ阿岐本組のナンバー2・日村役に西島秀俊、頼られたら断れない阿岐本組の組長役に西田敏行がキャスティング。

「本日よりこの学校の理事になりました」という日村の挨拶から始まる予告編には、日村が葵わかな演じる学校一の問題児・ちひろからパンチを食らうシーンや、「教師として最低限の仕事はしています」と言う生瀬勝久演じる事なかれ主義の綾小路校長に対して日村が「最低限?最高の仕事をして下さい」と喝を入れる様子、桜井日奈子演じる生徒会所属の美咲に「落とし前、きっちりつけて貰うから」と日村がすごまれる場面に加えて、伊藤淳史演じる日村の舎弟・稔、パンチパーマの日村の姿などが映し出されている。組長の「違法もヤッホーもねぇんだよ。バカヤロー!」というセリフは西田のアドリブだという。