『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』 ©Mirage Ltd.

写真拡大

日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』本予告編が公開。あわせて日本語吹き替え版の声優陣が発表された。

【動画と画像を見る(2枚)】

11月15日から公開される同作は、標高8848m、氷点下50℃という過酷な条件下のエベレストを舞台にした作品。ヒマラヤ周辺国家が「ヒマラヤ公約」を締結する会議の前に、機密文書を乗せた飛行機がエベレスト南部に墜落し、文書を取り戻す手伝いを依頼されたヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」が任務を引き受けて雪山を登り始める、というあらすじだ。チーム・ウィングスを率いる隊長・ジャン役を役所広司が演じるほか、エベレストで遭難した恋人の遺体を探し出すためにチーム・ウィングスに入ったシャオタイズ役にチャン・ジンチュー、ヘリパイロットのハン役にリン・ボーホンがキャスティング。

本予告編には、GLAYによる書き下ろし主題歌“氷の翼”を使用。「世界最高峰の山エベレスト、タイムリミットは48時間」というナレーションをはじめ、ジャンとシャオタイズが雪崩から逃げ惑う姿、「文書を見つけなければ命はない」と警告されたジャンが「みんな命がけだ!」と声を荒げる様子、ジャンの体に拳銃が突きつけられる場面、「ヤツらが狙ってるのは――戦争を引き起こす文書だ」という言葉、ジャンの戦闘シーンなどが確認できる。

また声の出演が明らかになったのは、役所広司、沢城みゆき、宮野真守、神尾佑、山野井仁、俊藤光利、高木渉、細貝光司、沖原一生。役所広司が自らジャン役の声優を務め、沢城みゆきがシャオタイズ役、宮野真守がハン役を演じる。