クリーンになれないのか(2010年9月場所での入場口。時事通信フォト)

写真拡大

「大相撲とヤクザ」──長い興行の歴史の中で、両者は密接に結びついてきた。野球賭博や八百長スキャンダルが発覚するたびに、「国技」に相応しくない関係が問題視され、相撲協会は近年、暴力団・反社会的勢力との関係廃絶のアピールに躍起となってきた。しかし、その自浄能力を疑う出来事が起きた。

【写真】暴力団との関係についての謝罪会見

 今年3月に開催された大相撲春場所の会場となったエディオンアリーナ大阪。東西の“砂かぶり”と呼ばれる溜席には、揃いの茶色の陣羽織を着た観客が並ぶ。春場所の興行を支える「東西会」の維持員席だ。そこに“ある男”の姿があったことが、協会内で大問題に発展している──。

「砂かぶりにいたのは、元プロボクサーの渡辺二郎です。タレントの島田紳助が2011年に芸能界引退に追い込まれた際、直接の原因となったのが渡辺を通じた暴力団幹部とのメールのやり取りでした。

 当時の所属事務所の社長は、会見でメールの相手であった渡辺のことを『暴力団関係者』と明言していましたが、その人物が維持員席に陣羽織を着て座っていたのだから、騒ぎになりますよ。協会には一般観戦者からの目撃情報の提供があったといい、東西会のなかでも問題となっています」(若手親方)

 土俵下で陣羽織を着て観戦する「維持員」とは、いわば協会が認めた“公式のタニマチ(支援者)”だ。協会に所定額の寄付を行ない、承認を受けることで、場所中は「維持員席」での立ち合い(観戦)が認められる。

 維持員の団体としては、開催地ごとに東京の「大相撲溜会」、福岡の「福岡溜会」などがあり、大阪では「東西会」がそれにあたる。維持員となるための寄付(維持費)は6年分を一括で支払い、その額は「138万円以上」と定められている(東京のみ、年3場所なので414万円以上)。

「1937年に発足した東西会には維持員席が90席割り当てられているが、入会には会員2名の推薦が必要で、欠員が出ないと入れない。関西財界では一つのステータスになっています。割り当てられるチケットは原則として本人が座るものだが、維持員の責任で自分以外の人を座らせることもできる」(協会関係者)

 専用のチケットにあたる「維持員券」の裏側には、禁止事項として〈暴力団員、その他反社会勢力団体、構成員又はその関係者の利用〉とあり、ルールに反した場合は〈退場または退会処分となる場合があります〉と明記されている。

「今回の問題が関係者の間で大騒ぎになっているのは、渡辺二郎を席に招き入れた維持員が、北の湖・元理事長(故人)の後援会を幹部として支えていた超大物維持員のA氏だからです。東西会の最高幹部でもあり、北の湖理事長時代には協会に大きな貢献があったとして、無料での入場が認められる『木戸御免』などの特別待遇を贈られている人物。

 そのA氏が渡辺二郎を維持員席に座らせたということで、“今までの特別待遇を返上させられた”“協会が厳しい処分に乗り出す”といった情報が錯綜しているのです」(同前)

◆NHK中継に映り込む

「維持員席とヤクザ」の問題に協会関係者が敏感になるのには理由がある。

 2010年から2011年にかけて、角界のスキャンダルが連続して発覚した。暴力団が胴元となる野球賭博への力士の関与、その捜査過程で明らかになった八百長問題、それらに加えて問題となったのが「暴力団の維持員席での観戦」だった。

「2009年の名古屋場所で、山口組系弘道会の幹部らが維持員席で観戦していたことが、2010年5月に発覚した。NHKの中継に映り込む砂かぶりで観戦することで、服役中の幹部に元気な姿を見せることが目的だったとされている。一般販売されない“特別席”にあたる維持員席のチケット手配に複数の親方が関与していたことも明らかになった」(ベテラン記者)

 その後、他の場所でも暴力団員が維持員席で観戦していたことや、地方場所で暴力団関係者から宿舎の手配を受けていた部屋があったことなども、立て続けに発覚。

 直後の2010年7月の名古屋場所ではNHKの生中継が中止となるなど、大相撲は存続の危機に追い込まれた。

 協会は組織改革のために外部有識者からなる委員会を設置。2010年8月には「暴力団等排除宣言」を発表し、当時の放駒理事長(元大関・魁傑、故人)や横綱・白鵬が会見して、関係廃絶を宣言した経緯がある。

 問題がここまで相次いで発覚したことからも明らかなように、「大相撲とヤクザ」の関係は深い。暴力団に詳しいジャーナリスト・溝口敦氏が解説する。

「かつては暴力団関係者が地方巡業を取り仕切っていて、関係はなかなか断ち切れるものではない。伝統的に、地元の暴力団関係者が巡業先でのトラブル処理にあたってきたし、現役力士が起こした揉め事を暴力団員が収めることもあった。暴力団関係者の側としては、大物力士を宴席に連れて行ったりすれば、相手の信用を得ることにもつながる。

 近年は暴力団排除の規制が進んでシノギが苦しくなっていることもあり、ヤクザが羽振りよく祝儀を包むのは難しくなっている。ただ、引退して角界を去った元力士を暴力団傘下の半グレ集団などが吸収していく構図はあり、暴力団の側が角界とつながりを持つメリットは依然としてある」

 関係が断ち切りがたいとみられているからこそ、八角理事長(元横綱・北勝海)ら協会幹部は“クリーンな角界に変わった”というアピールを続けてきたわけだが、そこに今回のA氏の問題が明るみに出たのだ。

◆「たまたま会っただけ」

 東西会は前任会長が2018年9月に死去。現在、トップを務める川井敏彦・会長代行を直撃したところ、「(渡辺二郎が)席に座っている写真が確認されているので、間違いない話ではある」と事実関係を認めた。その上で、経緯をこう説明する。

「本人(A氏)の説明を聞いたところ、自分が呼んだのではなく、体育館に(渡辺が)来ていたところにたまたま出くわし、“東西会の席が空いているから座りませんか”と誘ったそうです。

 向こうは最初、“自分の席があるから”と断わったが、それでも“遠慮しないで”と座らせたという。昔、チャンピオンだった頃に知り合い、その後は付き合いがなくて、今回、偶然会ったと聞いています」

 前述の通り、大相撲と暴力団との関係は繰り返し問題になってきた。その歴史があるからこそ、維持員券には反社会的勢力の関係者に利用させれば除名の可能性があると明記されている。それをぶつけると、川井氏はこう続けた。

「もちろん協会としては、あってはならないことで、東西会に対して厳しい注意がありました。東西会でも緊急理事会を開き、A氏に厳重注意した。協会には偶然だったという経緯を説明しましたが、処分を決めるのは協会なので、除名などの結論が出たら受け入れざるを得ないでしょうね……。協会の最終的な判断は、まだ示されていない」

 川井氏は「暴力団関係者を座らせたことは事実。ただ、一緒に連れてきたら“あかん”と言えますが、体育館の中でたまたま会っただけのことなんです」と、あくまで偶然という主張を繰り返した。

 A氏にも取材を申し込んだところ、いったんは「会って話す」としたものの、その後、「都合がつかなくなった」と連絡があり、話を聞くことはできなかった。

 何よりも問題は協会の対応である。東西会側の説明では、協会も事実関係を把握していることになる。にもかかわらず、5月30日に開かれた夏場所後の理事会を経ても、この「維持員席問題」については何の発表もない。

 発表がないのは、「北の湖の後援会幹部A氏」という超大物タニマチを守るためなのか。東西会関係者は、「事情はもう少し複雑ではないか」と話す。

「八角体制になってから、北の湖時代に重用された者が次々と協会を追われている。北の湖が将来の理事長に推した貴乃花も退職に追い込まれた。協会としては、公表すると騒ぎになるからそれは避けた上で、内部ではA氏の責任を追及し、その影響力を削ぐ狙いがあるのではないか」

 もちろん、そんなご都合主義の対応で許される話ではないだろう。

「A氏が館内で偶然会ったのは本当で、升席のチケットを手配した親方が別にいるという話もある。協会はきちんと調査して公表し、再発防止策などを講じなければならないはずだ」(同前)

 協会に見解を問うと、「暴力団関係者として認知されている渡辺氏が観戦していたことは誠に遺憾。当日、認知していたら、即刻退場していただくところだった」(広報部、以下同)としたが、A氏への処分等は「回答を差し控える」と明らかにしなかった。発表が何もないことについては「(暴力団関係者が維持員席で観戦した事実を)これまでも特に公表していないし、今後も公表するつもりはない」とするのみだった。

 約10年前のスキャンダル発覚以降、相撲協会は“クリーン”を強調し、2014年には税制優遇措置のある公益財団法人の認定を受けた。暴力団排除とどう向き合うのか、改めてその覚悟が問われている。

※週刊ポスト2019年6月21日号