6月2日のDeNA戦で勝利し、悪夢の連敗を16でストップさせたヤクルト。その渦中、球団側は小川淳司監督の続投を明言していたにもかかわらず、一部では次期監督候補の名前が報じられていた。

「そこで、いの一番に挙がる名前の評判が実は芳しくないんです」(スポーツ紙デスク)

 宮本慎也ヘッドコーチ(48)のことだ。侍ジャパンでキャプテンシーを評価され、史上最年長(当時)で2000本安打を達成。古巣に戻ってきた際には、球団関係者の誰もが次期監督と見做していたが……。


現役時代は“自衛隊”のニックネームも ©時事通信社

「真中満前監督時代は弛んでいたと見ており、猛練習を課し始めた。練習しないと勝てないというのは正論ですが、選手たちは『うちは軍隊ですよ』とぼやいている。ヤクルトは選手の自主性に任せ、伸び伸びやらせるチーム文化ですから。神宮球場で試合がある時、若手は早出の練習をするのですが、“鬼軍曹”が姿を現すと、これ見よがしに『よし、行くぞ!』と声が挙がるんです(笑)」(ベテラン記者)

 5月30日、14連敗した後の全体ミーティングで、小川監督は「責任は監督である俺にある」と語ったが、宮本ヘッドは技術的なアドバイスをするのみだったという。

「『やるのは僕らなんで』と選手たちは話していて、監督の言葉は響いていた。だけど『ヘッドは何て?』と聞くと『宮本さんは、技術的なことを言ってました……』と淡々と答えていたので、温度差を感じました」(担当記者)

ミスしてもフォローがなく、いいプレーをしても褒めない

 連敗中、「手を尽くしてるんだけど結果が出ないんだよ」と話していた宮本ヘッドが、「ピッチャーまで教えてるんです」とチーム関係者から呆れられていたという話も。

「今季苦しんでいるエースの小川泰弘に指導したそうです。野手出身のコーチが投手を指導するなんて、阪神の金本知憲前監督と似てますね。良かれと思ってのことでしょうが、押し付けがましいと呆れられています」(前出・デスク)

 自分に厳しく人にも厳しい姿勢は、若手選手たちに疎まれているという。

「ミスしてもフォローがなく、いいプレーをしても褒めないので、今の選手には受け入れられない。次期監督として球団側の評価は高くないようです」(前出・ベテラン記者)

 燕が再び高く舞うには、鬼が仏になるか、選手がタフになる必要がありそうだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月13日号)