岩下が鳥栖に移籍する

写真拡大

 サガン鳥栖は5日、アビスパ福岡からDF岩下敬輔(32)を期限付き移籍で獲得したと発表した。期間は20年1月31日まで。なお、福岡と対戦するすべての公式戦に出場できない。背番号は8。

 開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいる鳥栖が緊急補強を行った。岩下はJ1通算205試合の出場歴を持つベテラン。17年からプレーする福岡では昨季まで2年間でJ2リーグ戦55試合に出場していた。しかし今季は開幕から2試合ともベンチ外だった。

 クラブを通じ「シーズンが始まってからの移籍になりますが、どんな形であれ鳥栖の力になれるよう、今までの経験を生かしてがんばっていきたいと思います」。

 また福岡を通じては「J1に昇格すると約束をしたにもかかわらず力になれず、何もできないままチームを去ることになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今回、様々な事情により、移籍することになりました。色んな思いはありますが、今自分がやるべきことは次のクラブでしっかり結果を残し、新天地で頑張ること、それが皆さんへの恩返しにつながると思って、さらに気を引き締め、新たな一歩をスタートさせたいと思っています」とコメントした。