行司も問題を起こす異常事態(時事通信フォト)

写真拡大

 角界を揺るがす権力闘争の最中に発覚した立行司・式守伊之助(58)のセクハラ問題で白日の下に晒されたのは、世間の常識とはかけ離れた「角界の奇妙な慣習」の数々だった。

「飲むと正気を失うことがあった。申し訳ありませんでした」

 セクハラ問題の発覚翌日、報道陣にそうコメントして頭を下げたのは宮城野親方(元前頭・竹葉山)だった。式守伊之助は宮城野部屋の所属なので、師匠である親方が謝罪したわけだ。しかし──。

 一般的なスポーツに当てはめるなら、力士は“選手”で、行司は“審判”である。両者が同じ“チーム(部屋)”に所属しているのは、いかにも奇妙だ。しかも、同部屋の力士は取組がないのに対し、力士と行司の場合は同部屋の組み合わせが許される。立行司である式守伊之助は、同じ宮城野部屋の“同僚”である横綱・白鵬の取組を何度となく裁いている。

◆初任給は「1万4000円」

「行司の定員は45人で、全員がどこかの部屋に所属します。かつては巡業を一門単位で行なっていたので、部屋に行司が所属する意味があった。協会が巡業を一括管理するようになった時(1957年)に、“判定の公平を期すため”という理由で行司だけの『行司部屋』が立ち上げられたこともありました。ただ、この“部屋”には人気力士がいないのでタニマチが集まらず、再び各部屋所属になった経緯がある」(協会関係者)

 行司には、立行司を頂点に三役行司、幕内行司……といった8つの“階級”がある。昇進するごとに装束が豪華絢爛になる。

「三役格以上の行司の装束は、錦織のものになると50万円以上は当たり前。協会から装束補助費(立行司で場所毎に約5万円)が支給されるが、基本的にはタニマチに装束を用意してもらう。人気力士の手形とサインを集め、額に入れてプレゼントにするといった“営業努力”で祝儀を集めなくてはならない」(同前)

 行司の給料は、本給、装束補助費、手当の“3階建て”で、入門したばかりの序ノ口行司の初任給は、本給1万4000円と手当12万6000円で月14万円。

「本給は階級が上がるたびに昇給し、幕下行司で10万円ほど、立行司で40万〜50万円。手当は勤務評価等で変動しますが、30代で十枚目行司になると年収600万円を超え、立行司で1300万〜1500万円といわれています」(同前)

※週刊ポスト2018年1月26日号