東北高の硬式野球部部長を務めていた鈴木春彦氏【写真:高橋昌江】

写真拡大

85歳の「長寿を祝う会」開催、鈴木春彦氏から生徒たちが教わったこととは

 昭和の時代に宮城・東北高の硬式野球部部長を務めた鈴木春彦さんの「教え子たちとその家族で集う! 恩師鈴木春彦先生の長寿を祝う会」が25日、仙台市内のホテルで開かれた。約60人の教え子たちが参加し、今年5月に85歳になった鈴木さんの長寿を祝った。

 鈴木さんは1957年に副部長となり、その後、部長に。84年4月に退任するまで硬式野球部を支えた。「投手は速球、打撃は強振、守備は実戦」の三大原則のもと、東北高の第1次黄金期を作った“東北高野球部の父”故・松尾勝栄監督と、その後を受け継ぎ、68年から指揮を執った竹田利秋監督(現国学院大総監督)をサポート。77年から83年の7年間でセンバツには6度の出場を果たし、夏も仙台育英や仙台商としのぎを削りながら、竹田監督とともに東北高の第2次黄金期を築いた。

 鈴木さんが硬式野球部の顧問をしていた時の教え子たちは、上は76歳、下は52歳の世代になった。竹田監督の1期生で主将を務め、今回の発起人の1人である針生憲一さんは「春彦先生は苦労されたと思います。教員、寮監、野球部長、最後は教頭先生までやった。東北高校の野球部を一番、知っている人。そして、最も苦労している人。今まで慰労しなかったのがおかしいんですよ。ヤンチャもしたけど、先生は本当に真剣になって付き合ってくれました」と話す。

 会では、約60人の参加者一人ひとりが高校時代の思い出を語った。教員としてクラス担任を持ち、教科の指導、野球部長として部活動の指導、61年にできた「勿忘荘(わすれなそう)」の寮監として寮生活の指導、さらには理事長の秘書もし、宮城県高野連の理事も務めた鈴木さん。当時、高校生だった教え子たちも社会に出たことで、多忙な日々の中で生徒たちと向き合ってきたその凄さを痛感したという声が多かった。また、ビートルズが来日した際、どうしてもテレビを見たくてお願いした時に快く見せてもらったことやテスト勉強の夜食としてもらったどら焼きの大きさ、色合い、味が忘れられないといったエピソードも話された。

 中条善伸さん(元巨人、南海など)とバッテリーを組み、4度、甲子園出場を果たした石川裕治さんは「弘前市から出てきて入寮し、靴のそろえ方、布団のたたみ方、配膳の仕方などを教えていただきました。掃除では床に顔が映るくらい磨いた。そういった指導をしていただいたのが思い出」と懐かしんだ。

宮城県高野連の理事としても数々の改革を実行

「ヤンチャをした時に怒られた」と振り返る小浦幸一さんは「卒業してから一度も会っていないので、是非、会いたいと思ってきました」と大阪から駆け付けた。北海道や埼玉、千葉などから参加した教え子もおり、思い出話に花が咲いた。鈴木さんが85歳とは思えないほど、背筋をピンとして歩く姿に「昔と変わらない」と驚きの声も上がり、握手した時には涙を流した教え子もいた。

 東北高を17度、甲子園に導いた竹田監督と「名コンビ」とも言われた鈴木さんは出席者に向けて「このように私の長寿を祝う会を催していただき、この上ない喜びと感激でいっぱいでございます」と話し出し、「現在、高野連に加盟している高校は4000弱ですが、監督を中心とした催しはよく耳にいたします。しかし、野球部長がこのような催しを教え子のOBにしていただくなんて、ないのではないでしょうか。本当にありがとう」と感謝した。そして、東北高の歴史を回想した。

「皆さんが東北高校在学中、どんな歴史を残してきたか。ここにご出席の山内茂さん、長衛さんの頃は、戦後の野球部の復活時代を経て、第1次黄金期時代を築き、東北旋風を巻き起こしてくれました。昭和37年頃から実力がありながら、勝ち運に恵まれず、予想や期待に反した時代に入って参りました。その時代に在学したOBの皆さんもこの中にお出でです。「他の皆さんは第2次黄金時代を築いてきた選手たちです。

 昭和40年、竹田利秋先生をコーチとして招聘。昭和43年、監督に就任。松尾監督の強化策は、『投手は速球、打撃は強振、守備は実戦』でしたが、竹田監督は猛練習の中で攻撃力、守備力、機動力の向上をはかり、松尾監督のパワー野球にうまさを加えた“竹田野球”を創り上げ、第2次黄金時代を築いていったのでございます。皆さんは東北地方をけん引し、一人ひとりが東北高校野球部に新しい歴史の1ページを積み重ね、卒業していきました」

 宮城県高野連の理事としても、「甲子園と同じ雰囲気の中でやろう」という松尾監督の言葉を受けて、宮城大会の組み合わせ抽選会や開会式を改革した。抽選会では主将が校名を読み上げ、校名札をかける形に変更。開会式では録音された音楽からブラスバンドの生演奏へ、そして校名のプラカードを女子校の生徒に持ってもらうようにした。

 東北高硬式野球部、そして宮城県高野連に尽力した鈴木さんは教頭職まで務めたが、「管理職になるとクラス担任がなく、授業数も減らされる」と、生徒との関わりが薄くなることを嫌い、出世は希望しなかった。「1時間でも多く、授業を持って教えることが楽しかった。財産は生徒と教師の絆」と語る。こうした鈴木さんの教員として信念と熱意が、今回の会に結びついた。

 教え子たちへの返礼として、長年、メモとして残しておいた東北高硬式野球部の歴史をまとめた冊子も配られた。「野球部の監督ならばともかく、部長が野球部員だった皆さんにこういう催しをしてもらえるとは。こうした集いをやってくれるのが嬉しい」と感激の鈴木さん。全国的にも例を見ない会を開催した教え子たちへの感謝は尽きなかった。(高橋昌江 / Masae Takahashi)