就活スタイル編集部

写真拡大

就活の最初の選考へのステップともいえる、企業へのエントリー。エントリーは多めにしておいたほうがよいとも聞きますが、実際に何社ぐらいにエントリーしている先輩就活生が多いのでしょうか? 今回は2018卒として就活を行い、既に内定を獲得している先輩たちに、就活でエントリーした社数について聞いてみました。

■就活でエントリーした社数を教えてください。

第1位「20社」34人(13.4%)
第2位「10社」28人(11.1%)
第3位「30社」25人(9.9%)
第4位「3社」18人(7.1%)
第5位「51社以上」17人(6.7%)
第5位「15社」17人(6.7%)
平均……21.5社

徹底解説! エントリーシートの自己PRと志望動機の書き方

一番多かったのは20社ほどエントリーしたという声。続いて、それぞれその社数エントリーした理由を詳しく聞いてみました。

●第1位「20社」

・本当に入社したい企業だけにエントリーしたから(女性/22歳/大学4年生)
・同じ業界で何社もエントリーした(女性/21歳/大学4年生)
・名前を聞いたことがある企業は、少しでも多くエントリーしたから(男性/22歳/大学4年生)
・学校に推薦がきた企業を中心にエントリーしていた(女性/20歳/短大・専門学校生)

●第2位「10社」

・真剣に向き合える企業が10社あったから(男性/22歳/大学4年生)
・説明会にはもっと多数の企業に参加したが、エントリーは自分が本当に入社したい企業だけした(女性/23歳/大学4年生)
・最終的に決めるのは一社なので、一社ずつ狭く深く調べて受けた(女性/22歳/大学4年生)
・本当にやりたい仕事に絞ったから(女性/22歳/大学4年生)

●第3位「30社」

・書類選考で通過するか不安だったから、少しでも興味がある企業にはエントリーしたから(男性/25歳/大学院生)
・メーカーや金融など、人気のある企業ばかり受けていたから(女性/21歳/大学4年生)
・多くの企業を見たかったため(男性/21歳/大学4年生)
・最初は少しでも興味のある企業にエントリーした(女性/22歳/大学4年生)

●第4位「3社」

・志望順に必要最低限でエントリーした(男性/22歳/大学4年生)
・早期に内定を出す企業に絞っていたから(女性/21歳/大学4年生)
・業界を絞った(女性/19歳/短大・専門学校生)
・受けたいところしか受けなかった(女性/23歳/大学4年生)

●第5位「51社以上」

・内定をいくつかもらい、選びたいと思ったから(女性/21歳/大学4年生)
・いろいろな業界を見ていたため、気になった企業はとりあえずプレエントリーをしていた(女性/21歳/大学4年生)
・少しでも興味がある企業にエントリーして、面接の練習も兼ねてやれるもんならやってみようと考えていたから(女性/22歳/大学4年生)
・内定が出るまでエントリーし続けた(男性/22歳/大学4年生)

●第5位「15社」

・入社したい企業をなるべく絞ってエントリーするようにした(女性/22歳/大学4年生)
・エントリーシートで半分は落とされると複数の先輩から話を聞いていたから(男性/23歳/大学院生)
・内々定をもらったら入社する意思があるものは多めにエントリーした(男性/22歳/大学4年生)
・少しでも多くの企業を保険として受けた(女性/21歳/大学4年生)

第一志望郡以外にも、入りたい企業の幅を広げて多めにエントリーをしている人が多かったです。一方で、本当に入社したいと思える企業だけにあらかじめ絞ってエントリーしている人もいました。

いかがでしたか? 最初は「ここに入りたい!」という企業が固まっていたとしても、就活で企業理解が進むうちにもっと興味が持てるが見つかることもしばしばです。先輩たちの意見を就活スタートの参考にしてみてくださいね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年9月
調査人数:2018卒の内定者男女253人