ジェシカ・キャプショー

写真拡大

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』でアリゾナ・ロビンスを演じるジェシカ・キャプショーが、第四子となる子どもを妊娠していることを発表した。

【関連記事】『グレイズ』『プラプラ』"中の人"の実年齢やオメデタ事情を再検証!

米TV Guideによると、ジェシカは写真投稿サイトInstagramに、家族とともに撮った写真をアップ。そして、「ホリデーシーズンがやってきたわ! この世のすべての命は、明るい光と音楽、そして歓声に包まれているみたい。そして、私たち家族をさらに笑顔にする出来事があるの。4番目の子どもがお腹にいるのよ! 私は本当にラッキーで恵まれた女性だわ!」と、溢れんばかりの喜びをコメントしている。

(※以下、シーズン11のネタばれを含みますのでご注意ください)

本当におめでたい話だが、ファンにとって気になるのは、この妊娠が『グレイズ・アナトミー』のストーリーに影響するのかどうか、というところ。シーズン11でのアリゾナは、流産を経験し、さらに愛する妻カリー(サラ・ラミレス)と離婚し、悲しみの中にいた。今後、アリゾナはレズビアンとして一人で人生を突き進んでいくのか、それともカリーとは別の女性と家族を築こうとするのだろうか。

ちなみに、エイプリル役のサラ・ドリューの妊娠は、シーズン11でエイプリルが妊娠したとして物語に反映されていた。しかし、2009年にメレディス役のエレン・ポンピオが実生活で妊娠した際は、バスト上のカットで撮影を進め、大きくなったお腹をカバー。劇中でメレディスが妊娠することはなかった。

アリゾナの今後も楽しみな『グレイズ・アナトミー』は、2月11日より本国アメリカでシーズン12の後半部分が放送予定。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『グレイズ・アナトミー』サラ・ドリューが第二子を妊娠!『グレイズ・アナトミー』ジェシカ・キャプショーが第三子を妊娠!『グレアナ』エイプリルことサラ・ドリュー、第二子を出産!