Xperia Z Ultraを超えた大型スマホの決定版 「HUAWEI P8max」はPCのように使えるファブレット

写真拡大 (全3枚)

ここ最近はファブレット(大型スマホ)の人気が高まっている。
ファブレットというと、GALAXY NoteシリーズやiPhone 6Plusなど、5.5インチ前後のスマホは、そう呼ばれることも多い。なかでも、もっともファブレットらしい代表機種として認識されているが6.3インチの大画面を誇るソニーXperia Z Ultraだろう。

9月25日、そのXperia Z Ultraを超える ファブレットの完成形とも言われるハイスペックモデル「HUAWEI P8max」が発売される。

●6.8インチでも「スマホ」?
大手スマホメーカーのファーウェイは、ハイスペックな大型スマホとして「HUAWEI P8max」を9月25日に発売すると発表した。
最大の特徴は、6.8インチというタブレットとかわらないほどの大画面だ。

そもそも、約7インチと言えるようなモデルは「タブレット」ではないだろうか。
実は、大型スマホ「ファブレット」には厳密な規定はないが、いくつかの条件らしき特徴がある。
・音声通話(電話)に対応している
・5.5インチ〜7インチのあいだ

というものだ。
今回発売される「HUAWEI P8max」は6.8インチかつ音声通話にも対応しているため、タブレットではなく「ファブレット(スマホ)」というカテゴリに分類されるというわけだ。
実はこの「ファブレット」というカテゴリは、スマホとタブレット両方のいいとこ取りなのだ。

●「HUAWEI P8max」は、デカいがスーパーハイスペック
「HUAWEI P8max」のスペックは以下となる。
・サイズ 高さ約182.7 x 幅約93 x 厚み約6.8(mm)
・重さ 約228g
・ディスプレイ 約6.8インチフルHDディスプレイ
・カメラ アウト1300万画素/イン500万画素
・CPU オクタ(8コア)コア 2.2GHz + 1.5GHz
・メモリ RAM:3GB / ROM:32GB
・バッテリー 4360mAh
・OS Android5.1/ Emotion UI 3.1
といった具合だ。
200gオーバーと、スマホとしては重い部類にはいるモデルだが、ディスプレイの大きさとバッテリー容量の多さは、通常のスマホの弱点を軽々と越えている。

さらに特徴的なのが、ハイスペックなCPUを搭載していることだ。
ファーウェイよりお借りした発売前のテストモデルでベンチマークを計測したところ、ASUSのハイスペックモデル「Zenfone 2」よりも高いスコアを叩き出すケースもあった。


AnTuTu Benchmark v5.7.1 64bit対応版ではかなり高いスコアを出した

つまり、ハイエンドスマホでも重い、写真・動画の編集やオフィス文書の編集なども、スマホよりも快適となる。
これならパソコンライクな作業をさせても問題ないと言えるだろう。

実は、「HUAWEI P8max」は、「ハイスペックなファブレット」という高性能だけがセールスポイントではない。
もっと、使って便利で、面白いスマホ機能も搭載していることを忘れてはいけない。

●「ディアルウィンドウ」がパソコンライクでオモシロイ
「HUAWEI P8max」には、最新のGALAXYや、今秋iPad Air 2のアップデートで搭載される予定の「2画面機能」が、すでに搭載されているのだ。

筆者が実際に試してみたところ、指定したアプリのみ利用できる機能ではあるが、快適に使うことができた。
具体的には、YouTubeを観ながらネットをする、メールを返信しながらカレンダーの予定をチェックするといった具合だ。

さながらパソコンで複数のウィンドウを開いて作業するように利用できるため、これまでイライラしていた作業もサクサク快適に使うことができるだろう。ほかにも、画面そのものを小さくして、右下または左下に表示して片手操作が楽にできる「片手モード」もある。


標準のランチャーでは横画面にならないようなので対応を期待したい

●オススメはスマホとタブレット2台持ちの人
このモデルに最も適しているのは、スマホとタブレットを2台持ちしている人だ。
「HUAWEI P8max」があれば、持ち歩く機種を2台から1台にすることができる。
通信費が節約でこるだけでなく、持ち歩く荷物の軽減にもなり、行動の自由度も範囲も広がるだろう。

それ以外にも適している人が、ハイスペックを要求するようなゲームをプレイする人だ。
綺麗なグラフィックを売りにしているレースゲームを遊んでみたところ、動作も快適だ。
さらに、最近、スマホに負荷をかけた際の問題とされている発熱もあまり感じることがなかった。

「HUAWEI P8max」は、スマホとしては軽量とは言いがたいが、Xperia Z Ultraの後継機や、高性能な大型スマホ(または小型のタブレット)が気になっているヘビーユーザーにはオススメだ。
※本記事は発売前の製品を使っているため販売製品とは違う動作の可能性があります

HUAWEI P8max|ファーウェイ
布施 繁樹