ビートたけし、18歳の俳優・根岸拓哉の発言をたしなめる「俺の弟子になってみな、半殺しの目に遭うよ」

写真拡大

12日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、俳優の根岸拓哉をたしなめる一幕があった。

成人年齢を20歳から18歳に引き下げようという議論が国会でなされている中、番組では、「成人の日大激論SP 18歳は大人か子供か?」と題し、根岸をはじめとして映画やプロボクシングなどさまざまな分野で活躍する18歳の若者たちがゲストで登場した。

若者たちは自身の活動をアピールしつつ、日本の抱える多くの問題に対して意見を語り、たけしや大竹まことの指摘にもひるまず反論してみせた。その様子を見て、ゲストの自民党・下村博文文部科学大臣は「大人と対等に会話もできるし、すごいね」と称賛した。

そして、番組終了直前、根岸は「多分、若い子たちってみんな怖いものがないんだと思います」と口にした。たけしや大竹のような有名人に向かっても臆せず自分の考えを直接ぶつけられたということが、その理由のようだ。

すると、たけしは「あなた達はおいらのことを怖くないっていうことは、なぜかというと、あなたたちは(番組の)ゲストだけど、私たちは(番組の)主催者側なの」と説明し「これがもし俺の弟子になってみな、半殺しの目に遭うよ」とたしなめた。

続けて、大竹が「世の中怖いってことだけは分かって帰って」とコメントすると、阿川佐和子も「損得が生まれてから態度変わるからね。人間」と忠告した。

【関連記事】
ビートたけしがAV監督と間違われた? ハワイで拘束された過去を告白
爆笑問題・太田光とビートたけしが番組ゲストの矢幡洋氏をイジり倒し、番組の進行が止まる
ビートたけし 橋下徹大阪市長と在特会・桜井誠会長の口論について「笑ってしまった」と語る