壇蜜もハマった!? 梵字がひそかなブーム

 古代インドから中国を経て日本に伝わってきた梵字。あのウネウネした字面は仏教の経典や卒塔婆などで目にするものでしたが、いまでは仏教の枠を飛び出し、Tシャツやタトゥーなどに用いられ、アートやファッションの一つとして認知されるようになりました。

 そんな梵字ですが、ファッション的な意味ではなく、もともと不思議な力が宿っているとされています。

 空海が日本に広めた真言密教では、梵字の一文字一文字が仏様そのものの姿であり、その奥には計り知れない功徳が宿っていると考えられています。

 その霊験あらたかな力を活用しようと提唱しているのが、「しあわせを呼ぶ『梵字』」(カドカワフォレスタ刊)の著者・波羅門先生。梵字の霊力のおかげか(?)本は年内には第二弾が刊行決定するほどの売れ行きだそうです。あの壇蜜さんもハマったという、梵字の世界とは……?

 波羅門先生は祖母が融通念仏宗の僧侶、叔母も霊能者という霊能一家で生まれ育ち、自身も16歳から占いの道に入って述べ4万人以上を鑑定してきた実力派。

「梵字は一文字一文字にさまざまな仏様が宿っているので、自身の手でしたためれば大きな功徳があり、指でなぞればその力が体の中に入ってくる――そんなありがたい御利益を、少しでも多くの人に活用してほしいという気持ちから、相談者に梵字をお渡しするようになりました」

 その結果……

・交際相手に騙されて2000万円の借金を背負った女性が、みるみるうちに借金を返済し、その後異業種交流会で出会った相手と玉の輿婚

・ボロアパートに住んでいた苦学生。梵字を授けた後、同じアパートに住んでいた身よりのないお婆さんを世話していたら、お婆さんの死後に遺産2億円を相続することになった。

・会社の資金繰りで1000万円が必要だった経営者が、宝くじでちょうど1000万円を手にした

 などなど、信じられないミラクルが起きたというのです!

 波羅門先生は言います。

「どれも奇跡のようなお話ですが、そこに梵字の力が確かに働いていたと私は思っています。ただし、いずれの人にも、自分なりの努力を怠らず、誰かを大切に思う気持ちの持ち主である、という共通点があります。その心が、梵字に宿る仏様に通じて、力を貸してくださったのではないでしょうか」

 欲望を何でも叶えてくれるわけではなく、心を清らかに保ち、感謝を忘れず、最大限の努力を尽くしている人にのみ、梵字は助けを与えてくれるのだそうです。

 そこで、女子のお悩みに特に効果がありそうな梵字をセレクトしてみました。望んでいることを強く念じながら梵字を書いたり、下記の画像をプリントアウトしてなぞってみたりして下さい。できれば毛筆が良いが、筆ペンやサインペン、クレヨンなど使いやすいものでも可能です。また梵字はそれぞれに「真言」という呪文も宿しています。これを唱えながらすれば効果が倍増するとのこと!

(梵字の画像は、「しあわせを呼ぶ『梵字』」から引用させて頂きました)

●仕事
スキルアップできる 「ウン」

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=27249

真言:ノウボウ マケイジンバラヤ ウシマ ボウシキャヤ ソワカ

●恋愛
片思いが成就する 「ウーン」

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=27250

真言:オン マカアラギャ バサラ ウシュニシュ バサラサタバ ジャウンバンコ

●恋愛
良い相手と巡り合える 「ギャク」

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=27251

真言:オン キリク ギャクン ソワカ

●健康運
ダイエットに効く 「ウン」

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=27263