ジェフ・ベゾス氏が公開した月着陸機「ブルー・ムーン」の実物大模型 (C) Blue Origin

写真拡大

◆ジェフ・ベゾス、月着陸機を公開

 Amazon創業者で、宇宙ベンチャー「ブルー・オリジン」も率いる、実業家のジェフ・ベゾス氏は2019年5月9日、開発中の月着陸機「ブルー・ムーン」を公開した。さまざまな大きさの科学機器や探査車などを搭載して地球から月へ運べるのが特徴で、人が乗ることも可能だという。

 さらに記者会見では、スペース・コロニーを建設し、宇宙植民を実現したいという展望も語られた。

◆ブルー・オリジンの月着陸機「ブルー・ムーン」

 ブルー・オリジン(Blue Origin)は、Amazon.comの創業者で、ワシントン・ポスト紙のオーナーとしても知られる、ジェフ・ベゾス氏率いる宇宙企業である。創業は2000年で、すでに長い年月が経っているが、長らく秘密主義を貫いていたこともあって、その存在はまだあまり知られていない。

 しかし、ベゾス氏はこの宇宙企業にかなりの"お熱"で、自身が持つAmazonの株式を毎年10億ドル相当売却し、同社の資金に充てている。

 現在同社は、主に人や科学機器などを搭載して高度100kmの宇宙空間まで到達できる小型ロケット「ニュー・シェパード(New Shepard)」と、大型の人工衛星を飛ばせる大型ロケット「ニュー・グレン(New Glenn)」という、2種類のロケットを開発している。

 ベゾス氏はまた、かねてより「月の経済開発をしたい」という展望を語っていた。たんなる月探査ではなく、月に人類が生活する拠点を作り、経済圏を広げようというのである。2017年には、ベゾス氏がオーナーを務めるワシントン・ポスト紙を通じて「将来、人類が月で生活するために、Amazonのような宅配サービスを展開することを考えている」と表明している。

 そのための第一歩となるのが、今回公開された月着陸機「ブルー・ムーン(Blue Moon)」である。ブルー・ムーンは、地球を回る軌道から、月を回る軌道へ飛行し、地表に着陸することができる能力をもつ。打ち上げには、前述した開発中のニュー・グレンを使う。

 運べる貨物の量は3.6トンで、これは従来の月探査機などと比べるとかなり多い。貨物の搭載区画も多く、複数の小型衛星や、観測機器、さらに探査車を同時に搭載することができる。

 ロケット・エンジンの推進剤(燃料と酸化剤のこと)には、液体酸素と液体水素を使う。月には水があるといわれており、その水を電気分解して酸素と水素を取り出し、推進剤として使うことを念頭に置いている。つまり将来的には、月で推進剤の現地調達ができるということである。

 また、この酸素と水素は、燃料電池の燃料としても使う。月は14日ごとに昼と夜を繰り返しており、太陽の光が当たらない期間が長い。さらに月の極地には、1年中ほとんど陽の光が当たらない場所もある。その中で活動を続けるため、太陽電池ではなく燃料電池を採用している。

◆2024年の有人月着陸も可能!?

 ベゾス氏はまた、ブルー・ムーンは宇宙飛行士を乗せて飛行し、月に着陸することも可能だと明らかにした。こちらの詳細はまだ不明だが、想像図からは、標準のブルー・ムーンより大型化しており、また月から離陸し、地球に帰還するための「上昇機」と呼ばれる部分が搭載されているなどの変化がみられる。

 ベゾス氏がいまこの時期に、こうした構想を発表した背景には、もちろん同氏とブルー・オリジンの目標である、月の経済活動に向けた第一歩としての意味合いもあるが、米国航空宇宙局(NASA)やトランプ大統領へのアピールもある。

 NASAはかねてより、「月への回帰」を掲げ、有人の月探査計画を進めると同時に、民間企業を活用して、より低コストかつ効率的に、月に物資や科学機器などを運ぶ計画も進めている。ブルー・オリジンはこうした計画に深く関与しており、ブルー・ムーンのさまざまな機器を大量に運べるという能力は、まさにこれに合わせたものだろう。