おおたわ史絵氏

写真拡大

 メディアなどで活躍する医師のおおたわ史絵氏が23日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じ、現在は刑務所で受刑者への矯正医療を行っていることを説明。その背景に、実母の薬物依存があったことを赤裸々に告白した。

 なぜ、刑務所での矯正医療に関わる事になったのか?おおたわ氏は「実の母親を薬物依存で亡くしているから」と告白した。

 おおたわ氏によると、実母は腹膜炎の後遺症で痛みを和らげるために、医師であるおおたわ氏の父から鎮痛剤の注射を受けていたが「使っているうちに逆転して、どんどん薬物の依存にはまっていった経緯があった」という。実母は看護師だったことから、自分で注射も打ててしまうため「気が付いた時には腕、足、打つ場所がないぐらい注射の跡だらけだった」と振り返った。

 おおたわ氏が中学生の頃には母は精神科への入退院を繰り返していたといい、退院すると必ず「今度こそママは薬をやめるからね」と宣言。だが翌日には使用済みの注射器が出て来るという状態だった。

 その後も依存は続き、父親が薬物を渡さないと「父を突き飛ばしたり殴ったり、暴力をふるうようになった」といい「老いた父が傷つくのを見ているのは忍びなかった。強い憤りがあった」と振り返る。

 そんな父が04年に死去。鎮痛剤が手に入らなくなったことから、今度はおおたわ氏へ一日中電話をかける状態に。「痛いから助けてくれ、あっちが痛い、こっちが痛いと。こっちもたまらないので電話を切ってしまうと、今度は一日中救急車を呼んでしまう。私の悪口を親戚や知り合いに言って回る。お金を盗んだとか」。そんな状態が続き、おおたわ氏も精神的に追い込まれていった。

 「我慢しきれなくなって。これ以上彼女に関わってしまうと私も手を上げてしまうと思った」と振り返り「殴ってしまったら歯止めがきかなくなる。私は母親を殺してしまうかもしれないという怖さが自分の中にあった」とも語った。

 距離をとる必要を感じたおおたわ氏は母との連絡を絶った。それから2年が経過した76歳で実母は他界。第一発見者はおおたわ氏で、あれだけ憎んだ母なのに「心臓マッサージをした。どこかで助かって欲しいという思いがあったんでしょうね」。

 刑務所での矯正医療を選んだのは「母への贖罪(しょくざい)の思い」もあったという。おおたわ氏は「まずは『矯正医療』というものが存在することを多くの人に知って欲しい。犯罪の根底に“依存”が存在する限り処罰・拘束だけで再犯を防ぐのは難しい。法と医療がもっと手を取り合う必要がある」と訴えていた。